GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プレイオフに向けて(4)

Category: プレイオフに向けて  
bjの公式サイトにこんな一文が…

対戦カードの見所
新潟はリーグ戦新記録となる15連勝を飾り、中盤戦まで首位を走っていたが、勝負どころの大阪戦4連戦で1勝3敗と負け越し、2位でシーズンを終えた。ディフェンスは強力でリーグ最小失点を誇る。また、デービスを中心としたオフェンスリバウンドは驚異的。そして何よりの強みはチーム設立から6年を経過しているという経験だ。

東京は波に乗ると止められない強さを発揮するが、安定感がなく、レギュラーシーズンも常時中位のまま、3位で終えた。攻撃力は大阪にもひけを取らずリーグ2位の得点だが、失点がリーグワーストとバランスを欠く。3ポイントシュートは成功率、成功数ともリーグNo.1。スティールからの速攻、そしてアップテンポでボールの良く動くゲーム展開に持ち込みたい。対戦成績は新潟の6勝2敗だが、過去の対戦成績が意味を持たないのも、東京の特徴だ。



えっと、bjリーグさん?
ちょっとおふざけが過ぎてません?
なんですかこの、過去の対戦成績が意味を持たないのも東京の特徴だっての・・・
いやまぁ、実際そうなんですけどね(笑)
だから、わたしは東京アパッチが好きなわけで。


さて、いよいよ対戦相手も新潟に決まり、プレイオフまで一週間と少々ですね。
過去の対戦成績は東京2勝vs新潟6勝ってことで、圧倒的に新潟有利とおもわれがち・・・ですけれども。
3・11、有明スタジアムでの新潟戦に、勝利のヒントがあるとわたくしは思うわけです。
GAORAの中継を改めてみたのですが、
あの試合、東京は100点ゲームをしているわけですね。

この試合、ヘリコは15得点と彼にしたらイマイチな結果でしたが、
青木勇人さん、勝又さん、仲摩さんが、3Pを100%で成功させていて、
このへんが、どうやら勝因かなと。
ピペンが35得点というのもありますけれども(笑)
ただ、実際にピペンは35得点のうち3Pは2本だけなんですね。

んじゃ、何故そんなに日本人の3Pが入ったかというと、
新潟のゾーンが小さくなっていて、外でのプレッシャーが浅かったから、だといえます。

んじゃ、何故、新潟のゾーンが小さくなったかというと、
インサイドで、ピペン、ヘリコ、デミオンがかなり得点していたから、ですよね。

新潟はリーグ最小失点の鉄壁のディフェンスを持っています。
もちろん東京は速攻ゲームに持ち込んで、相手にゾーンディフェンスをさせないようにしたい。
おそらく、埼玉相手にかなり威力を発揮した、フルコートのプレスディフェンスをしかけてくる場面が多々あるでしょう。
ただ、セットオフェンスになったときに、どれだけインサイドの選手…
スターティングでいうと、ピペンと大場が頑張れるか。
もしくは、デミオン、ドッド、信平がジョーの信頼にこたえるか。
そのへんがポイントになると思われます。

ゾーンが小さくなったときの3P。
ヘリコ、青木勇人さん、青木康平さん、そして最終の仙台戦で大活躍をした仲摩さん。
ここに注目したいなと、思っています。

でもそのためにはインサイド、です。
しっかり踏ん張って、ひきつけてくださいませ。
大場さん、期待してます!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。