GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青木HCの契約満了が発表に

Category: 2010クーラーリーグ  
青木幹典HCの契約満了が、東京アパッチ公式にUPされました。

このたび東京アパッチでは、青木幹典HCとの契約が満了となりましたのでお知らせ致します。

青木 幹典 (アオキ モトフミ)

【生年月日】1964年9月19日

【出身地】 愛知県

【経歴】
1983-1987 中央大学所属 (1984年:全日本学生選抜メンバー)
1987-1993 日本リーグ2部 デンソー所属
1993-1996 日本リーグ2部 デンソー監督
1996-2000 日本リーグ1部 愛知機械工業ヘッドコーチ
2001-2006 浜松大学コーチ
2006-2009 高松ファイブアローズヘッドコーチ
★ bjリーグ2006-2007シーズン 最優秀コーチ受賞




個人的に、いろいろと思うことはあるんだけれど・・・選手起用の方法とか、ね。
思うんだけれど、青木HCにとって不幸だったのは、自身の考えを表現する場が無かったことなのじゃないかって。

bj公式の結果にUPされる、わずか数行のコメントしか、オフィシャルには現れていなかった。
その中で、わたしは勝手気ままな批判をしていたわけですけど、ひょっとしたら・・・ですが、たとえば東京アパッチの公式ページで、試合後の記者会見のコメントを全文UPするとか、何かあれば、また違ったのかなとも思うのです。

bjtvでUPされている、浜松・東三河の和雄語録。
和雄には賛否両論あると思うんだけれど、あれが彼のキャラクターだし、ああいう彼の言葉を聞いているからこそ、外国人選手をとっかえひっかえしていても、なんとなく方向性が見えるから、支持はしないけど理解はできる・・・みたいな部分だって、あるわけです。

そのあたり、ね。

次のHCに誰がいらっしゃるのか・・・そのまま青木さんが、再度契約を更新するという可能性もゼロではないかもしれませんが、次のHCがきた場合、また同じことになってしまうんじゃないのかなって、感じています。


HCの言葉が聞きたいって、わたしだけなのかな・・・って危惧はあったりするのですけれども・・・ね。


20100607000.jpg


20100607002.jpg


20100607001.jpg


20100607003.jpg



なにはともあれ、青木HC、お疲れ様でした。





で、明日のドラフトなんですけれども。
どういう方針で対応するのかな・・・それも気になるところです。
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

青木HC&ドラフト
 自分は青木HCに対しては感謝の気持ちが強いですね。
 チーム体制がままならない状態で、カンファレンスセミファイナルまで導いてくれましたし、最後まであきらめずに指揮を取る姿勢も見せてくれました。

 ドラフトに関しては、滋賀に1位指名権譲っている事もあり、よほどの事がなければ育成枠で取るのではないでしょうか。
HCは・・・
こんにちわ。
Joeが誰を連れてくるのかワクワクしています。
青木HCはお疲れ様ということで・・・
良い写真ですね!特に最後のACが(笑)
富山ACがHCに・・・何てことは無いですかね?
彼がHCになったら何かプレゼントしなきゃ。
コートサイドにいる彼の足元が気になってます。
おしゃれは足元から・・・
おつかれさまで~し~た~~
という感じでしょうかねぇ、モトフミHC.

なんかねぇ、あれよあれよという間に運営もぼろぼろ、選手も茫然という訳の分らんチームのHCを引き受けることになっちゃって、なにも判らずできないままに開幕。

暗中模索していた最初の6試合ぐらいで、何とか今期の方向をつかめたようで、その方向で介入するもすべて失敗。連敗するは選手は委縮するはもう踏んだり蹴ったり。

何も言わないようにしてたらなんとか持ち直していったけれど、所詮付け焼刃の障子の穴ふさぎしかできなくて、穴のあいたバケツ状態。

最後は埼玉と富山の自滅に助けられたという感じで4位をキープ。

というのが今季のアパッチちゃんとモトフミHCの『私の』感想です。あくまで『私の』←強調。

誰も引き受け手のないともすれば心中かもしれないめちゃくちゃな状態のチームに来てくれたことは、ありがたかったです。

でもなぁ…

あれだけ『おもちゃ箱をひっくり返したような何が出てくるかわからない面白いチーム』だったのが、一瞬中学生の部活チームみたいになっちゃったり、のっぺりした起伏のないゲーム展開しかしなくなっちゃったり、そのすべてがモトフミHCのせいとは言わないけれど、影響は大きかったなぁと思います。

まぁ自分、ファイナルで二年連続で負けたときには『全とっかえっ!!!』って感じましたが、そうなるとやはりこういうことも起こりうるんだということを肝に銘じておきます。

二年目のズンドコのシーズンでさえ、今季のような勝っても負けてもつまらないとか、まどろっこしさとかを感じなかったような気がするんですね、これが。

来シーズン、どうなるんでしょうね。運営会社もオーナーも変わるわけで。オーナーさん、あまりにも日本人選手は『よろしくパス』しか出さないって日立戦見て言ってたようですし。

こうなったらずっと見ていきます。よろしくです。

>H.Sさん
なんてのかなー、負けてもいいと思うんですよね、個人的な意見としては。
ただその負け方ってのもあって、何をしたいのかがわかってて負けるのは許せるのです、納得できるのです。
それがわからずに、なんだかよくわからないけど負けてるってのが、嫌だったりします。

そういう意味で、青木HCが何をしたかったのかなって・・・そこが疑問だったのです。

もう少し満遍なく選手さん使わないのかなーっとか・・・理由がわかればいいんですけど。
それを察せ無かったわたしにも問題があるのかなーっとか思いつつ。

来シーズンは、ちょっと変えたいなって思ってます。


ドラフトは残念な結果でしたねー><
まぁ、ドラフト外でのサプライズに期待です。


>スポーツかぁさん
ジョーが連れてくる選手は、微妙なときがあります(苦笑)
アパッチの2年目のシーズンは二人ともいなくなっちゃいましたし^^;
でもまぁ、大丈夫だと思いますけどね、さすがに(笑)

最後のAC(笑)

どうなんでしょうねぇ、次期アパッチのHC。
外国人がオーナーになったので、外国人HCがありそうだなーっと、勝手に想像しているところですけれど・・・不安より楽しみのほうが大きいですね^^


>ふぇーさん
最終目標点がどこにあったかってのが、ね。
4位入賞が目標だったら、それは達成。
有明に行く・・・だったら、未達成。
優勝・・・それは高望みしすぎか。

最終的に、シーズン終盤にレギュラー陣はかなりへたってたのも事実だし。

まぁ、終わったことをぐだぐだ言ってもしょうがないんですけど、2年目のうんこなシーズンでもそれはそれで楽しかったんだよねぇ。

その違い、その差って、何だろうって、結構考えてたのです。

でやっぱり、そこに理念が感じれたか感じられなかったかっての、あったわけで・・・M体質でも、やっぱりそこに愛は欲しいよね・・・みたいな(笑)

来シーズンは、どうなるんでしょう、ほんまに。
でもまぁ、いろいろとこれまでありましたからねぇ。
何が起きても大丈夫なような気もしないでもないです(笑)

今後ともよろしゅうたのんます。

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。