GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悲しくて悲しくてとてもやりきれない・・・

Category: 2008-2009シーズン  
最初に。
琉球ゴールデンキングスの皆さん、ファイナル制覇おめでとうございます。
強かったです。
昨日の勢いそのままでしたね。
肝心なところで決められたら、勝てません。
でも、来年は、我らが東京アパッチが絶対に勝ちます。


そして。
昨日、死闘となったカンファレンスファイナルで対戦した、浜松・東三河フェニックスの皆さん・・・
1週間前、あの激闘の有明の相手だった、仙台89ersの皆さん・・・

新潟アルビレックスBBの皆さん・・・
埼玉ブロンコスの皆さん・・・
富山グラウジーズの皆さん・・・

ほんとにほんとに、ごめんなさい。
ファイナルであんな無様な試合をしてほんとにごめんなさい。



悲しくて悲しくて、ほんとに、なんていっていいのかわからないです。
戦術的なこととか、プレイの内容とかもちろん、ここがダメだったから負けたってところあるんだけど、ね。
基本的なことだけど、足がまったく止まっていたこととか。
ゴール下でマークマンの受け渡しがうまくいかずにパスを通されていたり。
ガードさんが縦に抜かれまくっていたのも、です。
ガーディナーをとめられて、ほかの選手を止められないのはおかしいでしょ・・・
全体的にいうと、普段の東京アパッチのバスケが出来てなかったってのが、一番、ね。
なんか、変に固くなっていて・・・
普通にやっても、あれは負ける試合でした。
それでも最後まであきらめずに喰らいついていった選手さんたち。
それはそれで凄いことだとおもうんだけどさ。
最初からちゃんとやれって・・・思ったりもするけど。


でもさ。
審判と喧嘩しちゃダメだよ。



なんで、ファイナルっていう今年一年間の集大成が見られる試合で、あんなサイアクな東京アパッチを見なきゃいけないんだろ。

確かに、今までのシーズンはなんだったの?って笛だったよ?
東京を優勝させたくないリーグの意向じゃねーの・・・っとか無粋なことは言わないけど。
ピッピコピッピコ吹かれたら、そりゃ、ね。
昨日の試合ともまったく違う、そして、その前の3位決定戦ともまったく違う基準のジャッジ。
軽い笛はわたしも望むところだけれど、でもさ、ファイナルでいきなり、これまでと全然違う基準でジャッジすることないじゃない。
そうは思う。

思うのだけれど、でもだからといって。
審判と喧嘩したら負けるって、わかってるじゃない。
今までだって、そうだったじゃん。

なぜ?ほんとになんで?
それが悲しくて悲しくて・・・


去年は来年こそって思えた。
でも、今年は、何も考えられません。



ほんとに、なんでなの?
今はただ、ほんと、悲しいだけです。



今シーズンがこんな幕切れになるとは思わなかったです。
でも・・・いろんなことがチグハグだったからな・・・
その結果が今日なのかもしれない・・・



悲しくて涙が止まりません・・・
スポンサーサイト


Comments

お疲れさまでした。ご苦労様でした。

今この言葉以外に、選手、スタッフ、ブースターを含めた
全てのアパッチファミリーに言える言葉は
見当たりません。

でも、Bjリーグは、続きます。
時をおいて、また戦いが始まります。

今時点での、事実はこれだけです。
私は気の済むまで悲しみます。

そして、それを次の楽しみに繋げます。
お疲れさまでした
・・言葉がありませんが。
あの舞台というのは、何か立ちはだかるものがあるの
でしょう。三決の大阪も違うチームのようでしたし。
でもジャッジは確かに気になりました・・。

来シーズンもよきライバルとして、あの場所に挑み
ましょう。まずはお疲れさまでした。
『臥薪嘗胆』『捲土重来』
という言葉が、前回のファイナルの終了ブザーとともに思い浮かびあがりました。大阪の晴れやかなセレモニーを見ながら。
今年は何が思い浮かんだか。

何も思い浮かびませんでした。

なんかねぇ、とても哀しかったです、私も。とっととあ後片付けにかかりました。でもその途中で後ろを振り向くと、もうすでになのさんはいなかった(大笑)。

この試合のアパッチはシーズン中の一勝一敗中の同じパターンで負けたような気がします。
一試合目が比較的上手くいく⇒相手が修正してモロに当たってくる⇒フリースロー、アウトサイドシュートが入らない⇒イラつく(笑)⇒インサイドでなんとか点を入れる⇒だったらディフェンス頑張る⇒当然接触が多くなる⇒ファールを取られる⇒審判にブチぎれる(大笑)⇒自滅♪チャンチャン♪
(無理やりこじつけ。楽しんでいただけましたか?)

あと、審判さんも『ファイナルだから!』と変に気合が入っていたような気がするんです。きちんとしなければ、で笛が軽くなる⇒荒れる
(ついでに⇒東京ヒール決定(大笑い(T_T))

ニュートンとエアは上手でしたねー。あと金城も。12月に有明で交流戦のときはエアは『え、どこにいるの?』状態でした。まるで仙台のペッパーズのように。ニュートンとの間で凄く戸惑っていたような気がします。いまや息がぴったり。双方阿吽の呼吸が出来ていたように思いました。

思うに、東京は戦いなれた浜松相手に充分に準備をして試合に望みました。そしてあのシーズンの借りをすべて返したかのような勝利。それに対してVS沖縄は?あの12月にかろうじてといえども二連勝したのが、この結果かな?とも思ったりします。東京は『12月の沖縄』相手の試合を考えていたように思うのです。そこに慢心が隠れていた。無かったとはおもいません。

前日の大阪VS沖縄も普段の戦いなれた相手だからこその、腹の探りあいが第3クォーターまで続いてあの変な(?)試合だったのかと。3決では浜松相手に大阪のリン・ワシントンが完全にパニクったのを初めて見ました。長いシーズンのなかでお互い2試合しかしていないチームと当たる怖さも感じられました。沖縄は本当に進化してました。東京だってはじめからまとまりのあるチームでしたし、アシュビーさんの後半での進化はとても頼もしかったです。でも、相手の『今』を研究するのが足りなかったように思えてなりません。いくつかの(全部ではなく)フリースローを入れていればこの差はなくなります。それだけのものを持っているチームだと思ってます。
あとコーチのテクニカル。今日の産経新聞で、ジョーHCが『審判のせいにはしないが・・・』と前置きしたあとで『3点4点差までつめるとある審判が(東京に不利な)笛を吹いた』といっていたと書かれてました。
残念です。審判とフリースローは関係ないですよね。最後の試合だけにとても残念です。

とうとうシーズンも終わりましたね。こちらでは試合会場以上にとても楽しませていただきました。本当にありがとうございますm(__)m。次のシーズンが始まるまでの5ヶ月、トライアウトあり、ドラフトあり、外国人選手の契約、そして新規参入チーム、となかなか興味深い話題が続きます。更新を楽しみにしています。またどうぞよろしく願いいたしますm(__)m。

次シーズンへ GO APACHE!


どもです。

私は、日曜はキングスの日だったなと、勝負事は得てしてそんなもんだと。思うことにしました。

いくら嘆いても結果は変わりませんしね。

気持ちは、、わかります。今期ほど優勝の条件がそろうタイミングは、そうそうあるもんじゃ無いです。「じゃあまた来期」ってそんなに甘いもんじゃない。ニックは年齢がきいてきたし、ヘリもいつまで飛べるかわからんし。そもそもJBLとの関係でbj自体がどうなるか分らない。今期しかなかったんじゃないのか?って私も思いました。

でも、FCバルセロナBBさんが仰ってるように、すぐに次のシーズンが来ます。結果はどうあれ、すでにアパッチが生活の一部である以上、夏の暑さや冬の寒さに嘆いてもなにも始まらないのと一緒で、ま、付き合うかなと(笑)。

それに、僕らは初年度から好き勝手に書かせてもらった分、いろいろと土台にならなきゃいけないみたいですよ(笑)

はい、どうぞ。なのさんの分です。

http://plaza.rakuten.co.jp/apacheboost/diary/200905190000/

>FCバルセロナBBさん
本当にお疲れ様でした。
うん、bjリーグはまだ、続きます。
あと4ヶ月もしたらプレシーズンマッチが全国各地で行われ・・・5ヶ月もしたら、5年目のシーズンの幕開けです。

そう思っていても、油断をすると・・・
あのジョーがテクニカル食らって、勇人が二本のフリースローを決めたシーンが思い出されて・・・
電車に揺られていても涙があふれてくるのです。
悲しくて・・・

この傷が癒えるのには、少しの時間か、何かまた新たな刺激が必要なようです。
来シーズンもよろしくお願いいたします。


>まにょさん
わたしが言うべき言葉ではないのでしょうけれど、ほんとうに、あんな試合になってしまって・・・
あのカンファレンスセミファイナルでの死闘を思えば、もっと我慢ができたでしょうと・・・
ライバルたちの気持ちも考えようよって・・・
お互い、切磋琢磨して、あの場所に挑み続けましょう。
来シーズンも負けませんよ・・・


>feyさん
1年目の紙ふぶきは、嗚呼、綺麗だなーって、なんだか他人事のように眺めていました。
2年目は有明には行くことも無く・・・
昨シーズンは、絶対に絶対に、来シーズン、この紙ふぶきを受けるのは我らが東京アパッチだって信じていました。
そして今年。

紙ふぶきが舞う中。

さっさと帰っちゃいました・・・
相手チームが喜ぶ光景を見たって、もう、何も学ぶものはないですから。
昨シーズンので十分です。

ほんとに、フリースローの差、ですね。
あと、あのテクニカルも・・・
テクニカル食らって発奮して頑張るチームだったらいいのですが、我らが東京アパッチはちょっと違いますし・・・
あの2本の勇人が決めたフリースローが無ければ勝負どころで2点差。
いつもなら決まっていたいくつかのフリースローが入っていれば・・・ね。
たらればなのですが、負けるときはそんなもんだよなーっと思いつつ、何もこんな晴れ舞台でそんなことしなくてもいいじゃんって、悲しくなっちゃいました。

ほんとに、最後の試合なだけに、残念でした。

今後もぼちぼちと更新していきますので、是非、お付き合いくださいませませ。

GO!APACHE!なのです。


>フィルコさん
負けたこと自体は実はそんなに気になってないのです。
勝負事ですから、勝つチームがあれば負けるチームもあるわけですし。

ただ、なんてのかな・・・
今シーズンの56試合目、最後の最後で・・・
審判さんと喧嘩するっていう、わかりきった負けパターンに陥ってしまったことが悲しくって・・・
喧嘩したら負けるに決まってんじゃん。
何でそんなことを繰り返すのかってのが、悲しくって悲しくって・・・正直、試合中からずっと泣いてました。

負けてもいいんです。
でも、もっと楽しく負けて欲しかったなって、仙台戦みたいにお互いのいいところを全部発揮して、負けて欲しかったなって、贅沢なのかもしれないですけど、そう思いました。


ただ、もう来シーズンが始まってますから、ね。
そうも言ってられないわけで・・・
たぶん、ブログを更新していくことで、デトックスじゃないですけど、この傷も癒えていくのかなって思っています。
東京アパッチは、生活の一部というか・・・わたしにとっては人生の一部ですから。


>それに、僕らは初年度から好き勝手に書かせてもらった分、いろいろと土台にならなきゃいけないみたいですよ(笑)

わたしがさっさと帰った後に、いろんなことがあったみたいですね。
はぐれメタル的なブースターのわたしが、レジェンドなのかどうかは微妙ですが^^;土台かどうかはともかく、これからも思ったことは書いていこうかなって思います。
今度、実物、見せてくださいね^^

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。