GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよカンファレンスセミファイナルですっ!

Category: 2008-2009シーズン  
さぁいよいよ、我らが東京アパッチ、カンファレンスセミファイナル、vs仙台89ers戦が近づいてまいりましたっ!!


レギュラーシーズンの対戦成績は、6勝2敗で勝ち越している我らが東京アパッチですけれども。
そんで、なんやかんやゆって、仙台は、bjリーグが始まって以来、割と相性がいい相手ではあるのも確かです。
初年度の3位決定戦の試合で、第3Qのヘリコさん、ベーカーさんの3Pシュートでゲームを決めたこととか・・・すぐに思い出すことができますよね、うん、あの試合はいい試合でした^^

だがしかし、そんなことは関係ありませぬ。
ここで負けたら、お仕舞いですから。
とにかく二つ、勝ちましょう!!


仙台攻略ってのは、基本的にはいつもと変わらないわけです。
前回の対戦でもエントリしましたし、昨シーズンのプレイオフカンファレンスファイナルでもそうだったのですけれども、改めて箇条書きしますと、

・モーションオフェンスを発動さえないために、司令塔の日下を抑えてパスを供給させないこと
・相手のドライブインにはヘルプに出ないで、アウトサイドをフリーにさせないこと
・ドライブイン後のパスアウトはスチールを狙うこと
・できる限り速攻を狙うこと
・シュートチェックは必ず
・相手のアウトサイドシュートを落とさせた後のリバウンドはしっかりと拾って速攻につなげること
・オフェンスは、インサイド→アウト→インサイドを徹底して無理に1対1を仕掛けないこと

仙台戦のたびに何度もエントリしていることを、もう一度徹底することが大事だと思っています。
そして、その上で、なのですが。


個人的には、仙台は浜口HCの心一つなのかなと。
先日の仙台アウェイでの第2戦目。
4月19日(日)の試合ですね。
我らが東京アパッチは、前日の勝利もあって、仙台からするとモチベーション的に若干落ちた上体の試合ではあったのですが、見事に負けた試合です。

この試合は、bjtvを見直してみても、スクリーンを多用して外国人選手にシュートを多く打たせてるんです。
いわゆる仙台の特徴のモーションオフェンスってやつが、なりを潜めてとでもいいましょうか。
パス回しからノーマークを作って勝負するという形ではなく、スクリーンを使ってフリーをつくりシュートを打つっていう感じで。
で、それがはまって、ペッパーズが高確率で決めてきたのが印象的でした。
もちろん高橋の積極性ってのもあったんですけど、ね。
強引に外国人選手が1対1を仕掛ける場面も多く見られました。

土曜日の第一戦に、その試合のような形を作るのか。
それとも、いつもどおりモーションオフェンスでいくのか。
はたまた、両者を織り交ぜるのか。

そのへん、第1Qの出だしから見所です。
浜口HCが腹をくくれるのかどうか、ね。
勝つために自分たちの形を一度捨てることができるのかに注目したいです。


逆に我らが東京アパッチは、いかに仙台の外国人選手に好きにやらせないかが重要です。
当たり前ですけどね。
日下、高橋がドライブインを仕掛けてきたときに、しっかりと外国人選手をマークしてパスアウトさせないように。
ひとえにそこにかかってきます。

また、ガード陣が簡単に縦に抜かれてしまうようだと、我らが東京アパッチのゴール下の皆さんにファールがかさんでしまう可能性がありますから・・・もうここが最終ラインだと思って、ガードの選手さんたちには、死ぬ気でディフェンスして欲しいです。

後は、おそらく、前回の対戦に味をしめて、康平さんに松田をマッチアップさせるでしょう。
そのときにしっかりと周囲の皆さんがフォローできるかどうかも鍵を握りそうです。
たぶん、そこは大丈夫だと思うんですけど・・・ね。



とにかく、です。
土曜日、まず、土曜日に勝ちましょう!
そうすればすごく楽になります。
先々のことは考えずに、まずは目先の一勝を・・・


GO!APACHE!
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

前回の仙台アウェイを見ていて、セントプルーもウェブも『おおっ』というプレイヤーでしたが、ペッパーズが『?』だったしホルムが何気に調子悪い?という感じがしていて、見る前は凄く怖かった試合が、あっけに取られるほど東京ペースで進んで、返って怖かった思いがありました。

なのさんのコメントレスで私なりの違和感の原因が解りました。

セントプルーもウェブもペッパーズもそれこそbjきってのオフェンス能力があります。そのかれらが自分の能力全開でセルフィッシュとも思える攻撃を仕掛けてきたら、東京はそれを誰が受け止められるか。

本当に炎HCの腹のくくり方しだいで変わりますね。今までの仙台としての伝統的な戦い方(笑)でいくか、個人技でなんとしても点を取っていくか。それらは決して相反してはいないでしょうけれど、短期間でどうそれらを馴染ませるかはきっと大変なことだと思います。『阿吽の呼吸』を作り出すのはやはり時間というものが大切なんだと思います。なんか、特にペッパーズなんかが『どう動いたらいいんだろう?』って違和感が出てたような気がしましたから。

さてどういった戦いになるのでしょうか。ホント、東京のガードさんたちの死に物狂いのディフェンスに期待したいです。『抜かれたら後ろがいるから』なんていう態度が見えたら試合会場に乱入して頭ひっぱたいてやります(しません(^_^;))。


明日はちょっと都合で試合開始まで間に合うかどうか微妙なところなんですが。『ぐるぐる』管理者として、試合開始直後に仙台のフリースローにならないことを祈ります(笑)。
ぐるぐる管理者としてお早い到着をお待ちしております(笑)


浜口HCが奇策に出てくるのか。
昨シーズンのプレイオフではジョーがヘリコさんを日下につけるという奇襲作戦を決行し大成功しました。
ただ、我らが東京アパッチはいろんなスタイルに対応でいるけど、仙台はちょっと違うような気がしていています。

ただ普通にやると確率的には我らが東京アパッチの方が勝っているわけで、そのへん、ほんとに試合の入りってすごく重要なポイントですよね。

意外とオーソドックスに入ってくる可能性もあるようなないような・・・

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。