GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最低のクソ試合

Category: 2008-2009シーズン  
えっとまず最初に。
「審判さん、目がついてるの?」っと野次ったときに、即座に「付いてない」と答えていただいた方、どうもありがとうございました。


とりあえず今日の敗因。
新潟の方が上手でした。
審判さんは絶対に関係ありません。
それは断言します。
新潟が東京攻略をしっかり練ってきてそれを実行できた感じですね。
さらに言うと、第2Qにディフェンスの足が止まったことが最大の敗因かなと。
特にディフェンスリバウンドをことごとく取られて、セカンドチャンスを与えてしまい、それが得点につながってしまっては、勝てる試合も勝てません。
あそこでディフェンスリバウンドをしっかりと確保し速攻につなげることが出来ていたら、間違いなく今日の試合は勝てたでしょう。

後は、我らが東京アパッチのアウトサイドシュートがリングに嫌われていたこと。
逆に、新潟はマークマンがいた上でもしっかりとタフショットを沈めてきました。
そこで差がついたときに、ディフェンスリバウンドを取れず、ずるずるといってしまって・・・う~んって感じ。

チョモさんが入って、オフェンス、ディフェンスともに、リバウンドに絡めるようになった第3Qの東京と新潟の得点がそれをあらわしてますよね。
あのQは、我らが東京アパッチが勝っているわけですから。

あと、ニックさんね。
ちょっと腰がっていうか、重心が高くって、ふわふわしてて、あれはトラベリングとられますよね・・・
ちょっといくつか反撃の芽をつぶしたかなってのはあります。

で、竹野はやっぱ凄いですね。
竹野のフェイバリットムーブってのがあって、トーントーンっと、左右にドリブルをついてスリーポイントっていう・・・居合いみたいなプレイ決められたとき、あー、こいつすげーって思いました。
でも、あそこはしっかりと足を動かして止めなきゃいけない場面ですよね。

序盤から翔自さんの得点でハイペースなゲーム展開に持ち込んで、竹野をさっさと引きずり出すことが出来たところまではよかったと思います。
ただ、その後、しっかり、止めることができなかったのはほんとに痛かった。


っとなると、明日はどうやったら勝てるのってことなのですが、これはもうはっきりとしていて、足を動かして"ICHIGUN DEFENSE"で守り、しっかりとリバウンドをキープしよう、速攻をチャレンジして、アウトサイドからも狙おう、って、シンプルなことだと思います。

仙台が浜松に勝って、ゲーム差が1になりました。
もうここは背水の陣で、ファイトしなきゃ、うそですよね!
明日のリベンジ、期待しています!

GO!APACHE!



で・・・今日は負け試合でしたが、それと同時に"クソ試合"でもありました。
(こっから先は、上田さんのファンの方は読まれないことをオススメします)



キーンコーンカーンコーン・・・

先生(以下先)
今日の授業は、いかにしてクソ試合が作られるか、がテーマです。
4月4日土曜日の代々木での東京対新潟の試合が題材になります。

児童(以下児)
せんせーい、クソ試合は下品でーす。
ママが、クソとか言っちゃいけないって言ってましたー。


うっせー、クソ餓鬼!!!
話しかけられたとき以外は口を開くな!!!
口でクソたれる前と後に"サー"と言え !!!
分かったか、ウジ虫ども!!!!!


サー、イエッ、サー!


ふざけるな!大声だせ!タマ落としたか!


サー、イエッ、サー!


貴様ら雌豚どもが俺の訓練に生き残れたら―――
各人が兵器となる。戦争に祈りを捧げる死の司祭だ
その日まではウジ虫だ!地球上で最下等の生命体だ
貴様らは人間ではない
両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!
貴様らは厳しい俺を嫌う
だが憎めば、それだけ学ぶ
俺は厳しいが公平だ、人種差別は許さん
黒豚、ユダ豚、イタ豚を、俺は見下さん
すべて―――

平等に価値がない・・!

俺の使命は役立たずを刈り取ることだ
愛する海兵隊の害虫を!
分かったか、ウジ虫!


サー、イエッ、サー!


ふざけるな! 大声だせ!


サー!!!、イエッ、サー!!!!!!!!!!!!!!!


では、授業に入ります(微笑)
さて、このクソ試合が作られるきっかけとなったのは何が原因かな?
わかる子は手を挙げて?


柚木さんが審判だったことでーす


うむ、いいところをついてはいるね。
でも、柚木さんが審判だったことが原因じゃないんだよ。
その隣にいる、茶髪ナルシストを忘れてないかな?


あー、上田篤拓だー。


そう、彼は、ティム・グリーンと吹くときは素晴らしい審判なのだが、デイビッド・ロー、柚木と吹くときは、最低の審判になるんだ。
4×4は16だろ?
-4×4は-16だ。
つまり、上田篤拓は、正の力も負の力も増幅する能力を持っている。
そして、今日は、柚木さんが審判だった、それにあわせて上田篤拓が負の力を増幅し・・・試合前から荒れた試合になることは予想されたんだな。


先生も言ってたもんねー、この試合は荒れた試合になるって。


だが、ここまで荒れることになるとは思わなかったのも事実です。
この日の試合は、bjリーグ史上、3本指に入る、クソ試合と言えるでしょう。
そうなったのは何故かというのが、今日の講義のテーマになります。

えー、まず、クソ試合になった原因の一つ目が、ニックさんの退場時のジャッジです。
この場面は、たくみさんのブログに詳しいのでそちらを参照するように。
教科書でいうと、13ページです。
http://apache.blog.so-net.ne.jp/2009-04-04

審判がベンチの抗議でコロコロとジャッジを変えることが、クソ試合を生んでしまうことはよくあることです。
この時点ですでにクソ試合への序曲が奏でられていたといっても過言ではないでしょう。
ココは試験に出ますので、しっかりとチェックしておくように。


はーい!
一度下したジャッジは変えないこと!


よし、よくわかっているようですね。
先生もうれしいです。
さて、クソ試合になるのには、まだ条件があります。
それはなにかな?


え~~~~~~~~、まだあるの~~~~~~~?


まだありますよ。
ヒントは"マイク"です。


あー、あれだ、説明だー!


そうです、よくわかりましたね。
この日の試合は、特に、わかりづらいジャッジの連続でした。
そこで、しっかりと説明をしていれば、特に問題も起きなかったでしょう。


先生、でも、しっかりと説明できるようなジャッジだったかどうかって、微妙だったよねー。


そうなんです、そこが問題なのです。
たとえばです。
第4Qに竹野がフリースローを外した場面で、ディレイオブゲームが宣告されました。
わたしは、康平さんがフリースローレーンに足を入れていたので、バイオレーションかと思っていたのですが、ジャッジはディレイオブゲーム。
あの場面、東京がプレイの進行を遅くして特になることはまったくなかったことは理解できるよね?
しかし、ジャッジは、ディレイオブゲームだった。
あれは、誰も説明できないでしょう。


まだまだ、説明しづらいジャッジ、あったよねー。


そうだね、ジョーが退場になった場面もそうでしょう。
デミオンさんがシュートを成功させた。
リングとネットがくぐったボールがデミオンさんに当たる。
デミオンさんがそれを払う。
テクニカルファール。
あれがなぜテクニカルファールなのか、説明できる人はいるかな?


・・・


できないよね?
先生もできません。


なんでなの?先生
どうしてそんなことが起きるの?


そうだね、それは大変難しいところなんだけれど。
基本的には、見てない、見えてないんだろうね。
アシュビーさんがクォーター終了直前に狙ったシュート、覚えてるかな?


うん、覚えてるよー。
コートの真ん中くらいから狙ったやつでしょ?


あれ、ファールだったと、先生は思うんだ。
手をはたいていたからね。
しかし、そのままクォーター終了。
審判は見てなかった、見込みで、クォーター終了だって思ってたと、先生は思うんだな。
見てなかったことは、笛をふけないよね?


はーい先生。


さて、今日の授業はそろそろ終わりです。


えーーーーー・・・なんでーーーー?


なぜなら・・・先生が眠たいからです(笑)
マッコリ呑んだら、眠たくって眠たくって・・・





・・・ってことで、今日のエントリは終了です。
ちょっと、呑みすぎました(笑)

負けたのはね、我らが東京アパッチが、ヘタレだったからです。
でも、クソ試合になったのは、審判のせいだと、わたしは思いました。


審判が目立ってどうするよと・・・


もう、ひとえにそれでしょうね。
上田篤拓さんにおかれましては、目立てて、いろんな人を退場にさせて、自分がゲームを支配できてさぞかし気持ちよかったかもしれませんが。
はっきりいって、今日のジャッジは最低でした。

試合後の客の反応がそれを示してます。

明日はどんな試合になるかわかりませんが。
今日みたいな最低の試合にはなって欲しくないです。


ってことで、この項はオシマイ。
おやすみなさいませ。


明日は、代々木に行きません。
FC東京バレーボールチームの昇格戦に、行ってきます。
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

bjtvを見てた者としては…。
 とりあえず、bjtvと現地とでは、見え方にズレがるんだなぁ…ということはよくわかりました。ベーカーの場面では、痛恨の行動に私は自宅で「あああああぁ!!」と叫んでいましたから。

 いつだったか、康平がシュートを決めた後のボールを自分で拾ってリングにあててテクニカルを取られた場面がありましたが、それ以上に、今回のベーカーはbjtvでは悪質なプレイに見えました。

 私の目には、ベーカーがシュートを決める→リングを通過したボールを新潟の白人外国人選手が確保→なぜかベーカーがリバウンド争いをしてボールをはたく→ベーカーに何らかの笛が吹かれる→ジョーHC大激怒→2度目のベンチテクニカル…という流れだったので。

 ベーカー自身は、自分がシュートを外したと勘違いしたのかも知れませんね…。そんなプレイの抗議でジョーHCが2度目のテクニカルを取られて退場になった時、ジョーHCには別の意図が何かある…とすら思いました。

 なので、ベーカーのテクニカルは確実と思い、「あああああぁ!!」と声を上げてしまいました。

 きっと審判にも、bjtvを見ていた私と同じ見え方をしたのではないでしょうか。
Re: bjtvを見てた者としては…。
タイトルなし

>私の目には、ベーカーがシュートを決める→リングを通過したボールを新潟の白人外国人選手が確保→なぜかベーカーがリバウンド争いをしてボールをはたく→ベーカーに何らかの笛が吹かれる→ジョーHC大激怒→2度目のベンチテクニカル…という流れだったので。


一応目の前で見ていたのですが、ベーカーさんの身体にボールが当たった後に笛が吹かれていたように覚えてます。
で、それはねーだろっとヒナ壇芸人のようにツッコミを入れる観客席、みたいな(笑)。
西鶴さんがbjtvで見ていたような状況でしたらわたしも何も言いませんけど…ん~…抗議しにいってボールが当たったみたいな感じでしたね。

ちなみに昨日は試合中は一滴も呑んでません(笑)
なのさんは海兵隊にいたのか…
『鬼軍曹』かっこよかったです(笑)。

昨日の第4クォーターでのデミオンさんの『ディレイオブゲーム』は凄く不思議な気持ちでしたが、西鶴さんの見方があるのだということを知りとりあえず解りました。

でもそのときにきちんと説明をしてほしかったです。審判上田さんから見たシーンを。ちょうどデミオンさんと新潟のC(?)がいて、そうなってたところは全く見えませんでした。

だからジョーが激昂しても純平さんをはじめアパッチの選手はは止めなかったし、そこで怒らなければなんのためのHCかということにもなったと思います。それだけ何が起こったのかわからなかった。審判の判断はコートの上では絶対というのよくわかります。

でもこれはプロの試合です。お金を払って見に来る観客のための試合でもあります。

そのある意味主客である観客の私たちは、何が起こっているのか全くわかりませんでした。昨日のような観客置いてけぼりの試合は、ましてや一見さんなり、バスケ初心者の方が多いといわれている東京の試合は、わかりにくいジャッジによってそれこそ観客の離脱を促すような気がします。その辺はどうなんでしょうか。審判だけがわかってる試合ってなんなんでしょうか。

負けちゃいましたねー。
確かに昨日はリバウンド取られすぎでした。私は第1、2クォーターが好きです。守備に取り組んでいる選手さんたちの後姿がとても素敵だから。でも昨日はその姿が第2クォーターではぜんぜん見られませんでした。あそこまでザルってーのはいったい何があったんでしょうか。あとガードさんたちのディフェンスがゆるいとアシュビーさんのファールが嵩む。アシュビーさんは今のところ唯一の希望の星です。是非彼がファールトラブルに巻き込まれないようにガードさんたちのディフェンス奮起をお願いします。

さて今日はどうなんだろう…。今日はなのさんがいないのか…。
報告!!
先生、自分は日曜も代々木へ行ってきたであります!
ただ未熟者の自分には4×4も-4×4も計算できませんでした!
なので「帳尻合わせ作戦」が発動したかも探知できません!申し訳ありません!
試合開始前の審判紹介では、極めて少々のブーイングと通常よりも疎らな拍手でありました!
自分としては、今日くらい「爆裂ブーイング弾」を撃ち込んでやってもよいのでは?と思っていましたが
あの辺が東京ブースターの色なので、そこは尊重したく思います!
以上、報告でありました!
>feyさん
ハートマン軍曹ネタ、理解していただけてうれしいです(笑)

なんかもう、序盤から大荒れでしたね・・・昨日は。
我らが東京アパッチのブースターさんたちって、ほとんど審判さんに対してブーイングしないのに・・・わたしも、できるだけ審判さんには文句言わないようにしているのですが。
なんかもう、昨日の試合は、会場中から大クレーム大会でした。
選手さんたちに、審判のジャッジは気にせずに気持ちを切り替えろだなんて、アレじゃぜんぜん言えません。
どうしようもないっすよね、ほんとに。
なので、ジョーが退場したときも、大歓声でしたし。
何度も言いますけど、我らが東京アパッチのブースターさんがあんな状態になるのって、ほとんど無いですよ・・・

今日は、V・チャレンジマッチ(入替戦)のため大和市に行ってきたのですが、えっ?っていうジャッジの時でも、審判さんがきちんと説明してくれたから、とりあえずは何が起きたのかはすぐわかったんですよね。
そういうのって、お客さんのためにすごく大事なことなわけで、そりゃイチイチ全部説明していたら試合どころじゃないのもわかるのですが、お客さん、いるわけですから。
無観客試合ならまだしも、金取って客入れて試合しておいて、何の説明も無しって、そりゃ温和なアパッチブースターも怒りますって。

今日は勝ったみたいですねー(笑)
大和市でも気が気じゃなかったのですが・・・あれ?これはあれですか、わたしが居ないと勝つ法則発動ですか?(苦笑)


>たくみさん
報告ご苦労!
よし!よくやった!
褒美に俺が垂れたクソからピーナッツを探して食え!!


・・・それでも少々のブーイングが出たってことはよっぽどだったってことですよね^^;
明日にでも、bjtv見て、エントリします~。

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。