GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


惜しかった・・・だけじゃダメなんだよね、いやほんまにさ

Category: 2008-2009シーズン  
結果だけ見ると、惜しかったけどさ。
でもそれだけじゃダメなんだよ。
何本イージーシュート落とした?
何本のリバウンドを奪われた?
何本ミスした?
自滅じゃん。

ガードが前から当たられて、攻めどころを無くす。
逆に、我らが東京アパッチの、ガードは3Pラインで相手を待ってる。
トップスピードで来る相手をその場で、捕まえられる能力があればいいけど。
そんなこと、ほとんどの人が出来るはずないんだから。
トップスピードで来るマーリーを止められずに、やすやすとゴール下まで侵入を許して、ヘルプに出たところを、ノーマークの選手にパスって、何度同じパターンでやられてるのよと。

それに、なんだ、あの第2Qの、無気力な感じは。
第3Qで取り戻したからよかったものの、第1Qの後半とから第2Qにかけて、ちゃんとやってりゃ、勝てた試合じゃんよ。

確かに、第3Q以降はよくやってたのは認めます。
でも、勝たなきゃ、ダメなんだよ、大阪には、もう。
惜しかったね~、ナイスゲームだったね~、じゃダメなの。
チャンピオンになるんでしょ?今年は。
だったら、今日は、勝ちきらなきゃダメ。


第3Q以降、大阪を追い詰めていきました。
そこまでいいです。
でも、シーソーゲームになって、得点が膠着したときにこそ、確実に一本とって、追いつかなきゃいけない。
そのときに限って、ノーマークつくって、やられてどうするのよ。
我慢比べで負けて、どうすんの・・・

最後・・・3点差に詰めたの場面での、城宝さんの文字通り"特攻"は、敗因の一つといってもいいと思います。
でも、それ以前に、追いつけるべきところで追いついてないことが、問題なわけです。



ほんとにね。



ちゃんと、イージーシュートは一本で入れようよ。


ディフェンスリバウンドは、みんなでスクリーンアウトかけて、確実に取ろうよ。


明日・・・明日こそ、勝つことを期待しています。
GO!APACHE!



いつものように、写真は追記のところに・・・
代々木第二は・・・どうなんでしょうね^^;


















































やっぱりちょっと、城宝さんは、入れ込みすぎかな・・・もっと、埼玉戦のときみたいに、試合を楽しんで欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

勝たなきゃだめ。
ものすごい脱力感です。
先日の埼玉戦と言い、追い上げてるホームチームが、最後に勝てない。どうしてなんでしょうね。

代々木くらいのキャパの方が、今のbjには合ってるのかな。集客目標考えると、後1000人くらい入る会場がいいんでしょうけどね。
天井とかの構造もあり、有明に比べて応援の声も響くし、好きな会場ですね。(ウェーブも廻るし(*^_^*))
はぁ~ッ(ため息)…
マーリーがロティックに見えました(笑)。

東京の大阪に対する、負けパターンのような試合と言うのが感想です。
試合開始後すぐに埼玉戦のような早い段階からのプレスディフェンスで、ターンオーバーを取って速攻、いい感じで始まったのだけれど、それをすぐに大阪は修正。その後前半は大阪ペース。大阪の修正に対して東京は付いていけなかった。ハーフタイムのときにチームミーティングで修正されたものの、なぜそれは第一クォーターの中か、または第二クォーターの最初で修正できなんだか。コートサイドで見ていてわからなかったのだろうか?昨年の守口市民体育館の時は審判がらみだったから、どうしようもなかったけれど。

でもマーリーってあんな選手でしたっけ?富山にいたときはどうしても呉屋とか蒲谷に目が行ってあまり見てなかったから、今回目からうろこでした。その反対にアシュビーさんの元気が無いのがちょと心配。高松時代のあの押し込んでくるようなオフェンスはどこ行っちゃったんでしょう…(;_;)しょぼん。

それにしてもウチのHCは『残り数秒』でタイムアウトを採るのが本当に好きですよね。試合の流れ云々より(なのさんの心の師匠『和夫』さんと違って(大笑))『こうしてこう行ってここでシュート!…』みたいな戦術を考える事しかしてないみたい。

さてさて今日はどうなる?
すみません二度目…。
アシュビーさんショボン。でふと思ったことなんですが、今年のアパッチには去年のような『バスケ馬鹿』ディーン・ブラウンのような選手がいない。

『俺にバスケをやらせてくれー!ボールを持ってあのコートの中を走り回ってるのが一番シャーワセ(ニャロメ調)なんだー!』と言う感じの人。
確かにちょっとお馬鹿ではた迷惑なプレイもあったのだけれど、あの明るさとひたむきさは暗くなりがちなアパッチをどれだけ救ったか。

みんなすっごくまじめだから。いい意味でも悪い意味でも。
>はなさん
昨日は、呆然としてしまいましたが・・・でも、今日は、すんごい楽しかったです^^
ほんとですね。
代々木第二くらいのキャパが、ひょっとしたらちょうどいいのかなぁって、思いますよね。
ただ、代々木第二は、バックボード裏に座ると、手前が見えづらいです><
あそこが、もちっと、見やすければ、うれしいですね~。
でも、やっぱ、声とか選手に届きやすいと思うので、たまにはいいです^^

>feyさん
心の師匠和雄さんと、比べてはいけません(笑)
でも、今日のお地蔵様は、よくやってくれたと思います^^;
昨日の試合は、デミオンさんとか、ディーンさんとかいたら、もう少し違った展開になってたかもしれませんね。
もう言っても、それは、詮無きことなのでしょうけれども、それでも、ね。


しかし、今日の最後は、ほんまにすごかった・・・思い出し笑いが・・・

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。