GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


bjリーグ開幕!!

Category: 2008-2009シーズン  
ども、今日は、上の子の運動会だった、なのです。
我らが東京アパッチ、きままに選手紹介が終わらないまま^^;bjリーグ、4度目のシーズンが開幕しました♪
とりあえずは、西地区で二試合が行われ、東地区は来週開幕ってことになります。
試合は、ぼちぼちと見ていたのですが、やっぱ、自分のチームじゃないと、真剣に見られませんね^^;
でも、二試合とも、よくもわるくも"それぞれのチームの特徴"が出た試合だったなぁって、わたしは感じました。

で、とりあえず・・・なのですが、外国人制限がなされた最初の試合ってことで、各チームごとの日本人選手の得点比率を簡単にまとめてみたいなとおもいます。

滋賀:約23%(18/78)
大阪:約20%(16/81)
琉球:約31%(33/108)
福岡:約37%(33/90)

っとまぁ、こんな感じでございます。
意外だったのが、福岡の日本人の得点比率の高さでしょうか。
去年終盤は、ガード(川面・中川・竹野)以外は、ほぼ外国人選手で固めていた福岡なのですが、点差が開いてしまったゲーム展開だったというのもあるのでしょうけれども、得点のおよそ4割を日本人選手がたたき出しています。

琉球も、金城の活躍もあって、3割以上の得点を日本人選手が稼いでいます。

新加入の滋賀は、わりとインサイドアウトで攻めていたので、町田がもう少し決めていれば比率は上がったのかなとおもいました。

大阪も、昨シーズンの日本人選手の得点比率が、だいたい、25%くらいでしたので、まぁ、こんなものかなって印象を受けましたよ。

で、そうやって考えていくと、んー、じゃぁ、どんだけ日本人選手が得点とったらええのん?って話になっていくとおもうのですが、結論をさっさというと、何割とろうが関係なくって、勝負どころでいかに、日本人選手がファーストオプションになることができるか・・・そしてそこで確実に決めることが出来るか、印象に残るプレイをするか、ってところだとおもいます。
それがなければ、いくら得点をかせいでようとも、大きな意味を持たないのかなっともおもったり。
昨シーズンの我らが東京アパッチでいうと、ホーム福岡戦での城宝さんの活躍のような、日本人選手が試合を決定付けるゲームをいかに、bjリーグ全体で増やしていくのか、そこに、外国人を制限した意味が出てくるわけで。

たとえ、コート上に外国人選手が一人しかいなくっても、最後の最後に、外国人選手に頼りきってしまうようでは、成長は無いんじゃないのかなって、おもいましたよ。


我らが東京アパッチの、開幕まで、あともう少し。
明日の、西地区のゲームも注目です。


少し追記
ちょっとブログ検索かけて、滋賀レイクスターズ関連のエントリを読んでいたのですが、緊迫した試合内容だったというのもあって、皆さん興奮された様子で、好意的に書かれていました。
ま、ブログやってる方なんて、観客のごく一部に過ぎないわけなんですけれども、なんだか、わたしもうれしかったです(笑)
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。