GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我らが東京アパッチ、仙台89ersに粘激勝!!

Category: 2007-2008シーズン  
ふぅ・・・なんとか、我らが東京アパッチ、仙台89ersに勝利を収めましたっ!
昨日のエントリは、まぁ、半分当たって、半分はずれでしたね(苦笑)
まさか、ヘリコさんが日下をマークするとは思いませんでした^^;
第1Qのあれで、仙台のペースがかなり狂わせることに成功しました。
牧さんも3P決めたりして・・・第1Qの貯金で勝てた試合でした。

んで、今日の勝因って、いろいろあるとは思うんです。
具体的に言うと、そうですね・・・たとえばフリースローの成功率だったり、オフェンスリバウンドの数だったりって。
フリースローの成功率、成功数ともに我らが東京アパッチが上回り、そしてオフェンスリバウンド数でも東京アパッチが仙台を上回っています。
オフェンスリバウンドを直接押し込むシーンが何度もありました。

でも・・・結局最後、我らが東京アパッチと仙台の勝敗を分けたのは、そういった数字ではなくって、"踏んできた場数の違い"なんでしょう。
今日の最後の最後の勝負どころ・・・デミオンさんが決めたあたり・・・ね。
1点リードをされていた我らが東京アパッチでしたが、デミオンさんがしぶとくゴール下でせめて逆転し、そして康平さんが確実にフリースローを決めました。
一方の仙台は、リードされてから東京のディフェンスを攻略できず・・・ね。
そのあたり、差が出たのが今日の結果だなって思いましたよ。

で、なぜ、我らが東京アパッチが最後の最後、粘りきれたのかっていうと、シーズン終盤の激闘があったからって、言えると思うんです。
具体的に言うと、埼玉との首都圏ダービーだったり、リーグ戦最終戦の大分戦であったり、代々木第二で戦った新潟とのワイルドカードゲームであったり、・・・あそこの今シーズンの経験の差が、今日の勝敗を分けたんだなって、わたしは感じました。
追い込まれた経験の数が今日の試合の最後に出たんだなって。
そして、昨シーズン最下位という、不名誉な経験も・・・
やっぱ、どん底を経験した選手さんたちは違いますよね・・・


ちょっと話は変わるのですが、下書きしておいてUPしなかったエントリがあります。
お題は、以前のエントリで書こうかなって書いてた、いかに我らが東京アパッチを攻略するか。
プレイオフが終わってからUPしようと思っていたのですけれども・・・今日の試合がまさにそれだったので、書きますね。
で、その内容っていうと、いかに康平さんを早く引きずり出すかってのをテーマにしていました。
我らが東京アパッチの勝ちパターンである、最強のシックスマンとしての康平さんの第2Qからの登場。
この勝ちパターンを崩して、東京アパッチの選手起用を崩すことが、東京アパッチを攻略する第一歩だってエントリをしようと思っていました。、
拮抗した重たい展開にして、康平さんを早めに引きずり出すことで東京アパッチの必勝パターンを崩す・・・そうエントリしようと思っていました。

今日の仙台は、まさにそれを実行しました、
重たい展開にして、第1Q5分過ぎくらいで、康平さんを引きずり出すことに成功。
確かに康平さんが入ったことによってリズムがよくなった我らが東京アパッチで、リードを奪いはしましたが、でもそれは、ある意味で破滅への第一歩でした。
その後の展開はというと、同点に追いつかれ逆転・・・ディーンさんがファイブファールになってしまったことによって、スタートだった牧さんが再びコートに戻ってくるっていう、我らが東京アパッチの勝ちパターンとは大きくかけ離れた姿です。

そして、康平さんがイージーレイアップをはずしたとき・・・これはひょっとして負けるかも・・・って、敗戦を覚悟しました。
それだけ、今日の仙台は強かったです。
誰もがアシストが可能な・・・チームとして成熟をしている仙台89ers。
セントプルーに何度も3Pシュートを決められ、幾度と無く斬りつけられました。
イースタンカンファレンス、1位の実力は伊達じゃなかったです。
でも、それをはじき返して、我らが東京アパッチは勝利を収めました。
そして、最終的に、勝利を手にできた理由は・・・我らが東京アパッチがチームとして戦ってきた経験・・・でした。

昨日のエントリで、そこが第1Q・・・前半に出るのではってわたしは書きましたが、さすがわたし、知ったかぶりです(笑)
結局、勝負を分けたのは、第4Qの最後の最後・・・1点を争う展開になったときで。
伊達に幾度もオーバータイムの死闘をくぐりぬけてないなって、思いましたよ。


今日・・・ね。
両チームともしょうもないターンオーバーがあったり・・・シュートミスやパスミスもあったけど・・・でも、それをして、レベルが低いっていうのは違うのかなって思いました。
なんだろうなぁ、やっぱ、みんな必死なんですよね。
それは見ていて痛いほどわかります。
だから、ボールが手につかなかったり、少しスリップしたり・・・ファールしちゃったり。
本気でバスケに取り組んでいるからこそ、してしまったミスなんじゃないのかなって、わたしは感じましたよ。
デミオンさんの必死の形相とか、ニックさんの怪我をしてもひるまない心。
康平さんの懸命なディフェンスもわたしの心を打ちました。
そして、ね。
ジョーにいたっては、BSフジの生中継のインタビューのマイクを梅津アナから奪って、勝手にブースターさんたちに語りかける始末(笑)
康平さんもインタビューで、我らが東京アパッチブースターに感謝してましたし。
なんか、ああいうのがほんとに最近の東京らしくて、いいなぁって、思ってジーンってきてしまいましたよ。
今日の試合でも全体の盛り上がりでは、仙台のブースターさんのほうが盛り上がっているように思いましたが、ここぞってときの、我らが東京アパッチブースターの盛り上がりね(笑)
最高だなって思いました。

でも、まだ泣くわけにはいきません!
明日、大阪エヴェッサとの戦いに勝ってから、みんなでうれし涙を流すんです!!

大阪に勝つためには、ロティックを止めなければなりません。
牧さん、覚えてますよね、12.23の有明。
最後の最後、ハーフライン近くから打たれたロティックのシュートで負けた試合です。
あの悔しさは、選手さんたちだけでなく、我らが東京アパッチブースターも共有しています。
正直、大阪強いです。


しかし。


今の東京なら、大阪に勝てるはずです!
そして・・・プレイオフファイナル制覇を。
プレイオフファイナルに出ることが目標ではありません。
勝つことが目標なんです。

今日負けた仙台の気持ちに報いるためも・・・
埼玉、大分、新潟の選手さんたちの気持ちに応えるためにも・・・
明日jの大阪戦、ばっちりロティックをおさえこんで、勝ちましょう!!
ワシントンにも気をつけてね^^

GO!APACHE!
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

思い出します去年のファイナル、当然アパッチは出ていない
その試合を生で見た印象
「ああ こいつらには勝てないな・・」

でも、勝てないと思ったそのファイナルのステージに今年アパッチが
立つなんて。。

ここは他チームのブースターに「こいつらには勝てない」と思わせるような
試合を見せ付けましょう!

しつこいようですがもう一度だけ
「いつもどおりやったら勝てる!」

お互い応援頑張りましょう
昨日の最後の二分、死ぬかと思いました。頭の中にアドレナリンがバンバン出て心臓がバクバクいっているのがわかるんです。本当に怖かったです。さすが、東カンファレンス1位。
試合の入りは有明最終戦の大分みたいでした。もう全身全霊でぶつかる。代々木の新潟は結構余裕をこいていた感じがいまさらながらします。確かに皆さんよく滑ってました(笑)。

なのさんの仰るとおり、第4クォーターで追いつかれたとき、そこで突き放されなかったことは、東京のシーズン後半の怒涛の追い上げがいい経験になっていると思います。このシーズンを試合そのものにたとえれば、第一クォーターで先行するも第二クォーターで逆転突き放され、ハーフタイムのあとそこを修正して第三クォーターで追いつき、第四クォーターで突き放す。

まんまアパッチの今までの試合じゃん。

ただ、今のアパッチは第二クォーターでの失速も減ったし、中だるみのときは誰かが気を引き締めるプレイをして引き戻すし、みんなが『まずディフェンス』と思っているし、フリースローはきちっと入れるし。

いよいよ最後。このメンバーで試合の出来る本当の最後。大阪は強いですよね。参謀本部ロティックに始まり、攻撃の中心のワシントン、真ん中に立ちはだかるニュートン。あたりだすと怖いマーシャル、仲村直人、J、宍戸。かーなーり手ごわいです。
でも勝機はあります。攻撃中心と見られている東京の執拗なディフェンス。じっくり構えて一つ一つつぶしていくディフェンスはシュートのタイミングを微妙に狂わせて生きます。多分ずいぶん我慢のしあいになるとおもいますが、流れをひきつけるオフェンスま得意なはず。

さて、どんな試合を見せてくれるでしょうか。このメンバーでの最後の試合です。

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。