GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これからは負けたら終わりのトーナメント戦

Category: 2007-2008シーズン  
ようやっと、先日の日曜日の試合が見られたわたくすめでございます・・・
あれはなんでしょうね・・・
"GAME"ではなく"BATTLE"・・・"試合"ではなく"戦い"でしたね。
あの日のクォリティは、お互いにそれぞれの想いや願いをかけた、リーグ戦最後の試合だったからこそうまれたもので、リーグ戦の中ごろからあんな試合をしていたら選手さんたち全員怪我をして、シーズン最後まで戦えなかくなってしまうでしょう。
だからこそ、東京のブースターさんも大分のブースターさんも熱狂し、一方は歓喜に震え、しかし一方は、悔しさが溢れて・・・どちらも、涙を流す感動的な一日になったんだと思います。
あー、あの日、あの場所にいたかったなぁ・・・ってのが本音ですが、仕事ですから仕方ないです^^;

さぁ、過去を振り返るのはここまでにして、いよいよ我らが東京アパッチ、bjリーグサードシーズン、プレイオフ制覇のための第2関門が近づいてまいりました。
第1関門のリーグ戦は、ギリギリのところで2位通過。
1位であれば、第2関門をスルーして第3関門となるカンファレンスファイナルに進めるところでしたけれども、我らが東京アパッチは、第2関門のワイルドカードゲームで新潟アルビレックスBBと対戦いたします。

今日は、これからワイルドカードゲーム通過の為に必要なモノ・・・についてエントリしたいと思います。
そして、明日は、我らが東京アパッチと、新潟アルビレックスBBの今シーズンの直接対決を振り返りつつの戦力分析。
明後日は、それを踏まえてのわたしなりの知ったかぶり対策、ゲームプランなどをエントリ。
3回シリーズでお届けします・・・いや、たぶん・・・きっと・・・時間があればです^^;




っというわけで今日は第1回、"ワイルドカードゲーム通過の為に必要なもの"なわけですが。
こっからは一発勝負のトーナメント戦なわけでございますよ。
負けたらそこでおしまいです。
トーナメン戦といえば思い出すのが、そう・・・甲子園!
そこでわたしはかつて、とある高校の甲子園出場監督からお伺いした、トーナメント戦に勝ち抜くために必要なもの、を、頭の片隅から呼び起こし、我らが東京アパッチに当てはめて、エントリしたいと思います。


トーナメント戦を勝ち抜くためにその1
一球一球に意味を持たせろ!

ようするに気を抜くなって話なんですけどね(笑)
バッテリー間であれば、配球について。
バッターでも、見逃すのなら見逃し方に意味を持たせろ、振るなら目的を持って振れ、ただヒットが欲しいから振っているだけじゃダメだと、そんな話をされていました。
そうすれば、勝ちが近づくし、負けたとしても悔いの残る負け方はしないと。

これを我らが東京アパッチに当てはめると・・・ワンプレイワンプレイに意味を持たせろ!ってとこでしょうか。
まぁねぇ・・・確かにリーグ戦中の東京アパッチは、たま~に、スコーン!って集中力が切れてしまい、そのままずるずる失点するパターンがよく見受けられましたから・・・
パス一本にしても、シュート一本にしてもおろそかにしない、意味を持たせてプレイをすることが大事ですよね。
ディフェンスでも、ノーマークでシュートを打たれそうになったときに必ずシュートチェックにいくのも、相手にプレッシャーをかけるという意味で、意味のあるプレイだと思います。
たとえそのシュートが入ったとしても、です。
一本のパスが、一本のシュートが次のプレイの布石になることってよくあることだと思うので、ほんとに大事にしてほしいです。
ただ、大事になりすぎて慎重になりすぎてしまい消極的なプレイになってしまってはいけませんよね。


トーナメント戦を勝ち抜くためにその2
失敗を恐れるな!

っと書くと単純な話になってしまいそうなのですが、なんだか奥の深い言葉でしたよ。
失敗を恐れずプレイするためには裏づけがなくてはならないと。
その裏づけというのは、もちろん練習量というのもあるのですけれども、失敗しても挽回できるという自信、チームメイトに対する信頼感などなど、さまざまなメンタル面のことを言っていたような。
失敗を恐れずにやるためには、それまでの過程が問われるわけで、過程がなってないと成功することは無いのかなと。

我らが東京アパッチはどうなんでしょうね。
チャレンジする気持ち、最近の試合を見ているとみんな持ってますよね。
そして、それがほとんどの場合で成功しているわけですから、あとはワイルドカードゲームでも思い切って迷わず死地に飛び込めるかどうか、です。
やればできるんですよね、ほんとに。


トーナメント戦を勝ち抜くためにその3
ラッキーボーイを見極めろ!

チームには必ずラッキーボーイ・・・福の神がいるそうです。
その選手を見つけ出すことが必要で、信用して起用することが勝利につながりチームに勢いが出ると。
スタメンの中にいるかもしれないし、控えの中にいるかもしれない。
誰が調子がいいのか、誰がツキを持っているのかを指揮官は感じなければならない・・・

さぁ、我らが東京アパッチのラッキーボーイは誰でしょう(笑)
城宝さん?康平さん?それとも純平さん?ヘリコさん、デミオンさん、ニックさん?
東京アパッチは、ほんと、誰が出てもラッキーボーイになれそうですよね。
最近プレイタイムが少ない、翔自さんとか、当たり前のように活躍しそうですもん。
ジョーが、誰を信用し、誰に勝負を託すのか・・・それが当たるのか外れるのか。
あっと驚く選手起用があるかもしれません。



っと、まぁ、まだまだ話は尽きなかったのですが、とにかく大事にすべきは"勢い""流れ"を確実につかむことだそうです。
特に実力が拮抗するチーム同士の戦いでは、試合中に幾度か波がやってくると。
その波に乗れるかどうか、チャンスをつかめるかどうか・・・ブースターさんにもかかってますよね、ここぞってときに力を入れて応援する。
あぁぁぁ、オラわくわくしてきたぞっ(笑)

いよいよ近づくワイルドカードゲーム。
我らが東京アパッチが、勝てますように・・・GO!APACHE!



ワイルドカードゲームに勝ったら・・・プレイオフまで甘いもの断ちします!!!!
ちなみに今は、願掛け断酒中です(笑)
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


Comments

ワイルド~!!
どもです!
やー。緊張してきたっす!!

ラッキーボーイが現れるチームは強いですよね!!

「ラッキーボーイ」の存在は、チーム内の競争が盛んで、
常に誰かがチャンスを狙って準備しているという、チームの活性度の現れ、
と言うのを聞いたことがあります。

今のアパッチは活性度高いっすよ~!!
やっぱ一番溜まってるのは翔自ですよね。
ぜひラッキーボーイになって欲しい。

とはいえ、アパッチは入れ込みすぎない方が絶対いいですよね。
変に構えちゃうと考えすぎてパスが回らなくなりますから(^^;

やっぱ、いかにアパッチなバスケをするかかと。

新潟のクソまじめな雰囲気に飲まれると大変なことになるので、
ヒュー!とか、ヒャッハー!!とか、ハート様の軍隊の雑魚キャラが登場シーンで発するような奇声を上げて盛上げたいと思います!!

げんかつぎでカツばっかり食って、会社の検診で怒られました。


んだば、代々木で!!
いやー、ほんと動悸が止まらないですよね~。
これは不健康の不整脈ではなく武者震いだと思います(笑)

チーム内の競争・・・今の東京アパッチは、ほんとに、誰が出ても遜色ないっすからね・・・
みんなそれぞれきちんとそれぞれの仕事が出来る選手さんたちですもん。
翔自さんは、溜まりまくってるでしょうね(苦笑)
1月の彼の活躍を見ていると、なぜ今出場していないのかが不思議ですもん。
今は、メンバーを固定して連勝をしたっていう理由があるにしても、です。
翔自さんの滞空時間の長いジャンプからのバンクショットのミドルシュート、また見てみたいなぁ。

そうそう、いかに、東京アパッチなバスケをするかです(笑)
オフェンスもディフェンスもイケイケどんどん♪
なんか、ディーンさんが入ってきてからその傾向が強まってますが(苦笑)楽しく、わたしたちが惹きつけられたバスケができるかどうかですよね~。
楽しもう楽しもうって、逆に力んじゃう場合もあるので、力が入って当たり前だって、今の状況を受け入れて自分のものにして頑張って欲しいなって思いました。

ヘリコさんの、甲高い笑い声「ひゃっはっ!」って笑い声が代々木第二に響いたら、我らが東京アパッチの勝利ということです(笑)

代々木で会いましょう!!

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。