GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京アパッチ、勝手に思い込み選手紹介・・・その2

Category: プレシーズン  
昨日、一昨日とJBL関連の記事が続きましたけれども、今日は、我らが東京アパッチの選手を、わたしが勝手に思い込み紹介・・・その2、です。
いかんせん"勝手に思い込み"ですので悪しからず・・・ってことで、早速、張り切って、参りましょう♪
(身長等は公式からの引用です)



#10牧ダレン聡
生年月日:1979.8.28
身長:175cm
体重:75kg
出身校:
カルフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ(USA)
前所属:FUKIEN(香港)
出身地:アメリカ合衆国、カルフォルニア州ロサンゼルス

超人的な身体能力で驚かせてくれる牧さん。
空中での絶妙なボディバランスは、アメリカ全土で銅メダルに輝いたという柔道の才能のなせる技かもしれません。
昨シーズンは、手の怪我もあって満足な結果を残せなかった牧さんですけれども、プロテクトされて迎えた今シーズンは準備万端、いったい何を目指してるの?っていうくらいウェストが引き締まった(笑)ものすごい体つきでばっちりがっつり頑張ってくれることでしょう。
牧さんの見所といったら、まずはディフェンスっすよね♪
低い位置で相手についていけるステップワークは素晴らしいの一言。
"True Ninja"は伊達じゃないっす。
岩佐さんのディフェンスをクレバーというのなら、牧さんのディフェンスは、そうっすね・・・ビースト?(笑)
野獣のような鋭い感覚で相手を追い詰めていきます。
今シーズン、岩佐さんと、牧さんが同時にコートにたったときのディフェンスには大注目。
岩佐さんが、理詰めのディフェンスでクレバーに追い込んだところで、切り裂く野獣の牧さん・・・ってシーンが見られたら、我らが東京アパッチのペースになるでしょう、たぶん(笑)←このへんも思い込みかも^^;
オフェンスでは、今年はミドルシュートの成功率がかぎになりそう。
牧さんは左利きで、相手チームが左側にいかせないようにいかせないようにディフェンスをしてくるわけですけど、埼玉の庄司にいたっては、牧さんを挑発するように、あえて距離をとって、いつでもシュート打ってええでっ!ってな具合に、なめたディフェンスをしてくるわけですよ。
そんで、牧さんは勝気な性格ですから、シュートを打って・・・あぁぁぁぁってな場面が幾度かありましたけど、今年は9月のテグオリオンスとの試合でいいタイミングでミドルのジャンプシュート沈めてましたし、公開練習でも3Pシュートをきちんと決めてました。
あとは本番ですよね、本番!
牧さんの公式サイトのビデオを見るとわかるとおり、わたし個人としては????っというセンスの持ち主の(笑)牧さんですけれども、ほんまに、そういうアメリカナイズされたセンスも含めて期待してますので、今シーズンもよろしくお願いいたします!!



#11青木康平
生年月日:1980.12.13
身長:167cm
体重:65kg
出身校:2003専修大学
前出身:Far East Ballers
出身地:福岡県

言わずとしれた日本人得点王の康平さん。
もうね、一人だけオーラが違いますよ、オーラが。
康平さんがコートにたつと、何かやってくれそうな気が充満してくるんですよね。
見えるんです、コートに満ち溢れてくる康平さんのオーラが。
華麗なドリブルワークからのドライブイン。
そして、相手ディフェンスのタイミングを絶妙にはずして、シュートをことごとくリングに吸い込ませる康平さん。
ドリブルで、ボールを長く保持することで、相手ディフェンスのリズムがどんどん狂っていくのがよくわかります。
それができるのが、卓越した康平さんのドリブル技術のたまもの・・・なんでしょうね~。
3Pシュートも、いっちにぃってタイミングじゃなくって、い!に!って、クイックショットが、す~って導かれるようにリングに入ってくわけでございまして・・・感嘆・・・そしてスタンディングオベーション。
その一方で、ブログでは落ち込んでいることが多い康平さんですけれども、今年は沖縄キャンプで大きな充実感を得たみたいですね。
昨シーズンが終わって、足首の手術をし、そしてアメリカで大きな経験を得ての沖縄キャンプ。
沖縄に経つ前に足首を捻挫したとのことですが、プレシーズンマッチにあまりでられなくても、むしろそのおかげで我らが東京アパッチが真のベールを脱ぐことなく勝利を収めたことから、逆に他チームの警戒感は高まったはずです。
不気味っちゃ、不気味ですもんね。
かといって、チームとの連携に不安があるはずもなく、今年も間違いなくわたしたちを魅了してくれるはずです。
去年は日本人得点王でしたけれども、今年は当然リーグ得点王が射程距離にはいってますよね。
そして、当然のごとくフリースローキングも手中に入れ、さらにはアシストキングももらっときましょうよ。
目指せ三冠王!!!わたしは絶対できると確信しています。
そして日本代表の座も・・・・ね。
康平さん自身は興味ないかもしれないけど、わたしはその資格があると勝手に思ってます。



#12仲摩純平選手
生年月日:1983.3.9
身長:191cm
体重:83kg
出身校:拓殖大学中退
前出身:美鈴が丘クラブ
出身地:広島県

怪我からの復帰が待たれる純平さんですが、ブログでも書かれているとおり、回復具合はかなり順調のようですね。
個人的には今シーズンは棒に振っても・・・って思ったんですけど、本人はそんな気はさらさらなく、完全に開幕試合から出る気満々な感じがうれしいやら、ドキドキするやら。
純平さんはそのベビーフェイスに似合わず、ちょっといやらしいプレイをしますよね(笑)
東京アパッチの小悪魔とでもいいましょうか(笑)
象徴的なプレーでいうと、いつでしたか、エンドラインからのスローインのとき、相手選手の背中にボールをぶつけて、さくっと自分でキャッチして決めてましたけど、ああいうプレイをクールにできるあたりが、純平さんの持ち味なのかなって気がしています。
ボールを持ってないところの動きでフリーになって、角度の無いところで決まる絶妙のフェイダウェイシュート。
その一連の流れが素敵です♪
ディフェンスでも、見えないところで・・・あー、うー、(以下・・・
のっけからいきなりスタメンでってのはきついかもしれませんけど、今年は出られたら、二桁得点、もしくは二桁リバウンドを確実に奪って欲しいと思います。
柔らかいシュートタッチ、今年も期待していますっ!



ってな感じで、次回に続きます~。
しかし、このペースで11月3日に間に合うのでしょうか(笑)
スポンサーサイト

テーマ : バスケットボール(日本)    ジャンル : スポーツ


Comments

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。