GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008-2009 エクスパンション 新規参入決定!!

Category: bjリーグ全般  
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51092469.html
bj公式にあるとおり、新規参入チームが決定いたしましたっ!
浜松・東三河地域を本拠地とするチームと、滋賀県を本拠地とするチームの2チームですっ!!
って、ちょっとまどろっこしいかきかたっすね(笑)

浜松・東三河を本拠地とするチームは、いわゆる(笑)OSGフェニックス東三河。
滋賀県を本拠地とするチームは、滋賀レイクスターズ、です。
これで、bjリーグも12チームに。
とうとうプロ野球と並んでしまいました(笑)
あー、来季が楽しみだっ。


で、ちょっと思ったことをつらつらと。
今回のエクスパンションで、改めて思ったのですが、bjリーグというのは真に地域に密着した、バスケットボール文化・・・大きな意味でいうとスポーツ文化、とでもいうのでしょうか・・・そうしたものを作り出していこうとしているんだなぁって、こと。
プロスポーツというのは、生きていくうえで必要不可欠かというと、実は、無くてもいいといえば無くてもいいわけでございまして。
ただ、生活にいろどりを・・・アクセントを・・・つけるためには抜群の妙薬、なんですよね。
どれくらいか効くかというと、わたしの高校時代の英語の先生は当時の大洋ホエールズの大ファンだったのですけれども、大洋が勝てばご機嫌で授業が進み、大洋が負けると翌日は不機嫌で、むやみやたらにわたしが殴られるという(苦笑)それくらい、効く薬だったわけでございます。
・・・今なら訴訟もんですが古き良き時代だったということで・・・

で、東愛知新聞のこの記事なのですけれども。
http://www.higashiaichi.co.jp/today_news/070907t/07090702.htm

「移籍」の最大理由を河合室長は、「JBLは地域密着を唱えながら、実情は親会社の意向が強く反映した企業スポーツ。地域密着の活動を行っているbjリーグを選んだ」と説明した。

このあたりは、裏も当然あって、その裏というのが・・・

さらに、JBLがドラフト制度はじめ戦力均衡の仕組み導入に消極的なことを挙げ、「親会社の体力がそのままチーム力に反映する現況では、トヨタ自動車などに対抗してオーエスジーが継続的に強いチームをつくるのは難しい。健全なチーム経営のためにも、移籍の道を選んだ」と述べた。

このあたりになるのですけれども、今の協会リーグではできないことをやろうと思うと、協会リーグの中から変えるのではなく、bjリーグというリーグに移籍した方がやりやすいと・・・ま、そういうことのようです。
今のbjリーグのドラフト制度やサラリーキャップ制度には賛否両論あるとおもうのですが、OSGはそこを評価して、bjへ移籍してきたわけでございます。
(個人的にはもう少しサラリーキャップを増やして1億円以上にはすべきだと思います)

チームとしてはこうした意識がある一方、わたしたち"ブースター"にとってはどういった意味があるのか。
ものすごくざっくりとした話なのですけれども、こうしたバスケットボールチームの、地域密着型の活動ってのは、コミュニティの広がり、共有といった意味合いを持つように思います。
OSGを例に挙げますけれども、OSGってチームは、今現在はあくまでも"OSG"という一企業の部活であって、わたしたち観客のものではありません。
しかし、今回bjリーグに参戦することにより、OSGフェニックスは、浜松・東三河フェニックス(仮)になり、OSGがメインスポンサーになるのかもしれませんけれども、基本的には観客からの収入で運営をしていかなければならなくなります。
あー、メインの収入が観客収入じゃないのは当然なのかもしれませんけれど、地元で応援されていないチームが、広告収入などなどを得られるかというとそれは絶対にNOなわけで、とにもかくにも"お客様が神様"になるんですね、今後は。
で、わたしたち観客は、企業の部活を応援するのではなく、地域のチームを応援することになります。
そこで、なんだろうなぁ・・・誰かと知り合ったり、同じ目標を抱いて一つのチームを応援したりってことで、コミュニティが広がっていくわけです。
人間ってのは、一人で生きていこうと思えば生きていけますが、なんとなく誰かとつながっていたいものでもありますよね~。
そうしたときに、こうした地域のプロバスケットボールチームがあって、みんなで応援していたら、ブルーハーツの歌じゃないですけど・・・

生まれたところや皮膚や目の色で~
いったいこの僕の何がわかるというのだろ~♪

ってな具合に、いろいろなことを乗り越えて、一つのコミュニティが出来上がり、地域が盛り上がって、極論ですけど生きていくのが楽しくなっていくと(笑)
それこそが、地域プロスポーツの一番のメリット、なのではないでしょうか。

滋賀のこのサイトを見ると、それが一番如実なんじゃないのかなって思います。
http://shiga-saku.net/
滋賀のコミュニティサイトなのですけれども、おそらくこのサイトで、滋賀レイクスターズを通じて様々な交流が生まれると思います。
それはNHKやBBCといった、地域のマスコミから情報がもたらされると同時にユーザー同士の活発な意見交換が生まれ、そのことが地域への愛着心の芽生えにつながるというかなんというか。
滋賀南部の人口増加なんて、京阪神への通勤客の増加のみであって、滋賀に愛郷心を持つ人が増えているわけではないわけでございまして、こうしたプロスポーツが地域への愛郷心につながり、ゆくゆくは違う展開が見られる一つのモデルケースになる可能性も秘めているように思います。
地域活性化につながることは間違いないのではないでしょうか。

んじゃ、それが、今の協会リーグでできるかっていうと・・・答えはわかってますよね・・・
実は、JBLが標榜している、BASKET FOR ALLを実践しているのは、JBLではなく、bjリーグなわけなんですよね。

とはいえこのへんはお題目であって、きれいごとなのでなんともいえないのですけれども、ただ、きれいごとがいえない世の中ってどうなん?ってきもするじゃないですか。
スポーツの世界に純粋性を求めるのは甲子園を見るまでも無く野暮なことなのですけれども、少なくともそこを信じたい部分があるわけでございまして。
なんとなく、スポーツの・・・バスケットボールの可能性に賭けてみたわたくしめがいるんですよね。
バスケットボールにいろいろと救われたわたくしとしては・・・ね。


「bjリーグ移籍をいちばん望んでいたのは私かもしれない」と切り出し、日本バスケットボールの実力強化の面から「サッカーJリーグのようにファン層を拡大すれば、競技力も向上する。ぜひその一翼を担いたい」

ってのは、OSGの中村監督の言葉ですが、日本代表だった川村選手もどうやらbjに来るようですし、今回のエクスパンションが、ほんまに日本バスケットボール界のためになるように・・・そして、日々の生活の質の向上につながるようになればいいなぁって、おもう、わたくしめなのでございました。

いろいろと問題のあるbjリーグですけど、少なくとも協会よりは信頼できますよね・・・いやほんまに。
スポンサーサイト


Trackbacks

商品名FTチャンプス スペイン代表 3インチトレーディングフィギュア BOXWorld Cup 2006商品コードGDS-5086販売数量制限お一人様 6 ヶまで。(同一住所、あみあみ本店支店合わせての制限数です)メーカーネットカム発売日06年09月未定作品シリーズ名FTチャンプス原作名サッカ

Comments

Re: 2008-2009 エクスパンション 新規参入決定!!
こんにちわ
JBLで数年言い続けても変わらなかった・・・
という現実もありつつ
結局、大企業のモノでしかなかったわけです。。。
いちおうJBL内では、ファンへ向けてやってきた部分もあるわけなんですが
フェニックス=OSG
という事も結構浸透してきたりとかそういう事もあり
じゃあ、地元の人たちに素直な気持ちで
自分たちのチーム!と
応援してもらうためにも
OSGを外してもいい!という決断になっていったわけです
会社の英断でもありますが
前社長も始めはそんなに興味がなかったバスケに
スーパー昇格ご見に来るようになり
勝つ喜び!バスケの楽しさを満喫し
バスケを楽しんで応援しています
そういう経営者だから今回の移籍にもつながり
監督のとにかくまずはバスケ事態が盛り上がらないと!という考え方とうまく繋がりました。
協会も、JBLも、bjだって問題はあると思いますが
先があるのはbj
ソウ思って、まずはJBL優勝!
来年一緒に盛り上がりましょう!
あ、コメントありがとうございます。
いつも、ブログ拝見させていただいております(汗)
OSGのJBL(スーパーリーグ)での取り組みは断片的にですが存じ上げております。
JBL(スーパーリーグ)で一番"熱い"バスケをするってことも・・・
今回の移籍が、バスケ界の為になることは間違いないような気がしています。
新しいエントリにも書きましたけど、中村監督がbjにいらっしゃること自体が、エポックメイキングな出来事ですし(笑)
協会同様、bjも問題は山積み、なんですよね。
ただ、bjの場合はその問題を解決していこう、バスケ界をよくしていこうっていう気持ちが伝わってくるから、こちらも応援したくなるというか。
本来は協会がその役目を担わなければならないはずなのですけれども。
今シーズン、リーグは違いますけれども、お互い頑張っていきましょう。
関東近辺でのOSGの試合は、応援しに行こうと想っているbjブースター、結構いるみたいですよ(笑)
わたしも馳せ参じようと思っています。

Leave a Comment

プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。