GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


比留木謙司さん契約満了

Category: 2010クーラーリーグ  
















契約満了・・・相変わらず慣れることがありません。
比留木謙司さんの契約満了が発表されました。


テクニカルファールをもらうこともあった比留木さん。
でも、それは真剣さの裏返し。
ある意味東京アパッチ"らしい"選手さんでした。

・・・もう少し、試合に出ててもおかしくなかったと、思うんだけどな。


たくさんのご声援ありがとうございました。 ブースターのみなさんの声が一番の励みになりました。 本当に昨シーズンはありがとうございました。




こちらこそ、ありがとうございました・・・。
スポンサーサイト

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


追憶

Category: 2009-2010シーズン  



テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


ドラフト雑感

Category: 2010クーラーリーグ  
やっぱ、指名権放棄ってのが、1巡目から出てくると、まぢで萎えますよね・・・。

たぶん皆さんわかってらっしゃることなんだけれど、チーム数が16チームと増加しているのにもかかわらず"新人"の人材供給が図られていないと。
bjリーグ自体のレベルも創設から5年を経てまがりなりにも上がってきていて、それに見合う人材というのがなかなか居ないことってのも、その一因なのかなとも思います。

もちろん各チームの経済事情ってことも、あることを前提として、ね。


で、我らが東京アパッチ。


そりゃね、翔自さん、島根は指名するよねー。
鱈レバーの話をするのであれば、ですけれど。
島根は翔自さんをのどから手が出るほど欲しいのはわかってたこと。
フランチャイズビルダーとしての役割を担うことが、翔自さんにはできるはずですから。

であれば、翔自さんをプロテクトして、島根の1位指名選手とのトレードを持ちかけるとか・・・たとえば島根が信平弟君を指名して、そこでトレード、みたいなね。
3年目のシーズンのドラフトで城宝と仲村直人とをトレードしたみたいなこともあり得たのかなと。

東京は1位指名権を城宝とともに、滋賀にわたしていますから、プロテクト超過して3巡目以降の指名になってもかまわなかったんじゃないのかな・・・っとも、思いましたが、まぁ、これはあくまで、鱈レバーの話。


チームのことはさておき、翔自さん自身に限って言えば、新しくできる島根というチームに所属して、責任ある立場になり、しかも元代表監督のジェリコの指導を受けられるというのは、大きく飛躍できるチャンスです。
そう思って、快く送り出したいなって思っています。

まー、間違いなく、立ちふさがるよ、翔自さんは、東京アパッチ戦で。
そのときは、大きな声援を送ってあげよっと。


他チームで言うと、秋田は能代出身者で固めてきましたねー。
エクスパンションで大阪から淳を獲得していましたが、ひょっとしたら?万が一?淳と板倉さんのトレードみたいなこともありうる?のかな?そこまですると、秋田はめっちゃ地元人気出そうな気がします。

島根も地元、山陰出身者で固めてきました。
やっぱり、地方のチームは地元出身ってのがキーポイントになるのかも。

っとなると、宮崎は、大志郎を獲得したいところですけれども、さてどうなることやら。


っとまぁ、いろいろあった今シーズンのドラフトですけれど、来シーズン以降は、違う形を模索していってもいいのかなと、思いました。

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


青木HCの契約満了が発表に

Category: 2010クーラーリーグ  
青木幹典HCの契約満了が、東京アパッチ公式にUPされました。

このたび東京アパッチでは、青木幹典HCとの契約が満了となりましたのでお知らせ致します。

青木 幹典 (アオキ モトフミ)

【生年月日】1964年9月19日

【出身地】 愛知県

【経歴】
1983-1987 中央大学所属 (1984年:全日本学生選抜メンバー)
1987-1993 日本リーグ2部 デンソー所属
1993-1996 日本リーグ2部 デンソー監督
1996-2000 日本リーグ1部 愛知機械工業ヘッドコーチ
2001-2006 浜松大学コーチ
2006-2009 高松ファイブアローズヘッドコーチ
★ bjリーグ2006-2007シーズン 最優秀コーチ受賞




個人的に、いろいろと思うことはあるんだけれど・・・選手起用の方法とか、ね。
思うんだけれど、青木HCにとって不幸だったのは、自身の考えを表現する場が無かったことなのじゃないかって。

bj公式の結果にUPされる、わずか数行のコメントしか、オフィシャルには現れていなかった。
その中で、わたしは勝手気ままな批判をしていたわけですけど、ひょっとしたら・・・ですが、たとえば東京アパッチの公式ページで、試合後の記者会見のコメントを全文UPするとか、何かあれば、また違ったのかなとも思うのです。

bjtvでUPされている、浜松・東三河の和雄語録。
和雄には賛否両論あると思うんだけれど、あれが彼のキャラクターだし、ああいう彼の言葉を聞いているからこそ、外国人選手をとっかえひっかえしていても、なんとなく方向性が見えるから、支持はしないけど理解はできる・・・みたいな部分だって、あるわけです。

そのあたり、ね。

次のHCに誰がいらっしゃるのか・・・そのまま青木さんが、再度契約を更新するという可能性もゼロではないかもしれませんが、次のHCがきた場合、また同じことになってしまうんじゃないのかなって、感じています。


HCの言葉が聞きたいって、わたしだけなのかな・・・って危惧はあったりするのですけれども・・・ね。


20100607000.jpg


20100607002.jpg


20100607001.jpg


20100607003.jpg



なにはともあれ、青木HC、お疲れ様でした。





で、明日のドラフトなんですけれども。
どういう方針で対応するのかな・・・それも気になるところです。

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


いろいろ発表されました

Category: 2010クーラーリーグ  
6月8日(火)のドラフトに向けて、FA権の行使とプロテクト選手の発表が行われました。

我らが東京アパッチはというと・・・


【FA権行使選手】
#11 青木康平
#12 仲摩純平
#19 中村友也


【プロテクト選手】
#1  呉屋貴教
#18 板倉令奈


ってことで、プロテクトから漏れた選手さんはというと、
#2  仲西翔自
#7  木村実
#9  田中健介
#13 比留木謙司

の4人です。


我らが東京アパッチのドラフトでの指名順は本来であれば、7番目でしたが1位の指名権を城宝と板倉さんのトレードと同時に滋賀にわたしていますので、2巡目の18位・・・ってことになりました。

ちなみに滋賀はプロテクト枠を1名超過していて、本来であれば2巡目からの指名になるはずでしたが、我らが東京アパッチの1位指名権を得てますので、7番目の指名順ってことになっています。

で、問題なのが、その新人ドラフトの指名前に行われる、新規参入3チームによるエクスパンションドラフト。

3チームがそれぞれ順番に、プロテクト枠から漏れた選手を指名することができ、3人を基準人数として、4人以上指名した場合は、超過したぶんだけ、指名巡が後になると・・・まぁ、そういうことのようです。



個人的な感想。

翔自さんは、どっか取られちゃいそうな気がしますが、さていかに・・・


あと、ちょっと気になっているのが、トライアウト&ドラフトの意味みたいな部分。

エクスパンションドラフトに関しては、チーム数が増えると同時にやらなければならないことだと思うのだけれど、今年のトライアウトも多くはbjの選手だったらしいし、トライアウトをやることの意味みたいな部分が少しずつ薄れてきているのかなとは、ちょっと感じた。

そんでもって、そのことがドラフト指名の少なさにもつながってきていて、今回のドラフトもおそらく、1巡目指名から「指名無し」が連発するんじゃないのかなっと、予想しています。

チーム数が増えているから、1巡するだけでも、16人指名することになるわけですから、ね。
そこまでの人材が今、トライアウトに参加しているかどうかでいうと、ちょっと微妙で、新人のトライアウトと、既に所属しているbj選手のトライアウトを分ける必要も、来年からはあるんじゃないでしょうか。

このあたり、制度的なものについて、3年後の統合までにいかにいろいろ調整できるかってのも、bjリーグ創設の意味、意義が問われるところなのかなと、わたしは思っています。

とはいうものの、来週火曜日のドラフト、どきどきしているのも事実なんですけどね(笑)



さてさて、

我らが東京アパッチの"オーナー"が変わったこと・・・
新しいシーズンの新ルール・・・

については、新しいエントリーをたてます。

テーマ : bjリーグ    ジャンル : スポーツ


いーとーかつあき、いーとーかつあき・・・おれたちのほこりー(泣)

Category: FC東京バレーボールチーム  
6月に入って、毎年クーラーリーグ恒例、ブログのデザインをさわやか系に変えました。
10月まではこんな感じでぼちぼちと参ります。


さて、わたしがひそかに?応援している、FC東京バレーボールチームの公式で、退団選手、コーチ就任選手、新体制の発表がありました。


退団選手 伊東克明・野中信也・久保田俊介・小林清紀
コーチ就任 中谷宏大


まずは・・・伊東さん、長年お疲れ様でした・・・(泣)

伊東さん


FC東京バレーボールチームを見るようになって、わたしはたった5年。
その間も、入れ替え戦の壁にいつもやられてた。
伊東さんはさらにその倍、それを経験して、悔しい思いもいっぱいしてきた。
それが去年、入れ替え戦で勝利して、喜びを爆発させ・・・Vプレミアリーグで戦うことができた。

Vプレミアリーグではなかなか勝てなかったけど・・・でもまぁ、浜松で餃子食べたり、仙台で牛タン食べたりって、仕事半分ではあったけど、楽しかったなーって、思います。

日本代表で、東アジア選手権とか出てましたしね、伊東さん。

伊東さんが出てくると、やっぱりぐっと試合が締まるし。
Vチャレンジリーグの頃は、困ったときは伊東さんがなんとかしてくれるって、思ってた。
精神的な支柱って、こういう人のことを言うんだよね。

わたしよりも年下だけど、わたしよりもずっと大人な、しっかりとしてたなぁ・・・



そして、野中信也選手。

野中さん

野中さん2



うちらの間では、ハゲボウズ・・・ってまんまやん(笑)
ピンチサーバーで出てきたり、あるときはリベロになってみたり・・・今シーズンのVプレミアリーグではバックアタック1本で決定率100%って試合もあったような。

身体が大きいわけじゃないし、パワーがあるとかそういうことじゃないんだけど・・・なんか印象に残る選手さんでした。
好青年!って感じ。

寂しくなるなぁ・・・


そして、久保田選手、小林選手もお疲れ様でした。



そんでもって中谷さん、コーチ就任。
抜群の安定感を持つリベロでした。
いつだったかな・・・肺炎だかなんだかからの復帰後の試合。
身体は痩せ細ってたけど、ものすごく研ぎ澄まされたレシーブを魅せてくれて、すげーって思った。
ここ数年は怪我があったりって、本人さんも満足してなかったと思うんだけど・・・でも、これからもきっとチームにいろいろな形で貢献してくれるんだろうなぁって、思います。

中谷さん

中谷さん2



VチャレンジリーグからVプレミアリーグに上がって、いろいろと大変だったし、その一方で充足感、満足感もあったのかなって。
今シーズン勝てなかった。
だから、変わらなきゃいけないのは確か。
でも、今までも、FC東京バレーボールチームの良さ、魅力を失わないような変化を魅せてほしいなって、勝手なファンは思っているということです。


退団される選手の皆さん、お疲れ様でした。
これからの人生に、幸多からんことを!

Continue

テーマ : バレーボール    ジャンル : スポーツ


プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。