GO!APACHE!

東京アパッチについてだらだら語るブログです

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プレイオフ・・・

Category: 戦評  
仕事が忙しかったので、会場にはいけませんでしたが、今日のプレイオフの2試合、bjtvとGAORAで見ました。
え~・・・あれっすね・・・一言で言うと・・・


うちのチーム、今年は出る資格、ありませんでしたっ!

悔しいけど、それは認めざるをえません。
来年、うん、また来年っすね。
臥薪嘗胆ってやつです!
スポンサーサイト


バスケ界のあれこれ

Category: その他  
ちょっと仕事が忙しすぎて顛末記どころではないのですけれども・・・
これはエントリしておきたいなってことがあったので、エントリしておきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下引用↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オーエスジーがbjリーグへの転籍を検討
 男子バスケットボールのスーパーリーグに02~03年シーズンから参戦してきたオーエスジーが、プロのbjリーグに移ることを検討していることが17日、分かった。中村和雄監督が「本拠地をどこにするかなど流動的な部分もあるが、その方向」と語った。bjリーグも加入の打診があったことを明かした。

 スーパーリーグは今秋から日本リーグに名称変更して再スタートを切るが、当初掲げたプロ化は暗礁に乗り上げ、地域密着を図るオーエスジーの方針とずれが生じてきた。オーエスジーは新生日本リーグの初年度には参加するが、1シーズン限りでの脱退が有力。bjリーグは日本協会傘下の日本リーグとは対立関係にあり、転籍が実現すれば波紋を呼びそうだ。

 05~06年にスーパーリーグで準優勝したオーエスジーは、川村卓也ら日本代表クラスの選手を複数抱える。日本リーグ設立委員会の杉浦良昭委員長は「うわさはあるが、正式な話は聞いていない」と話した。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑以上引用↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
まだ予断を許さないようですが、このような動きがあるそうです。
最近の日本バスケ協会の一連のゴタゴタを簡単にまとめますと・・・


世界選手権大赤字

責任の所在を明らかにすべく評議員が予算の承認を拒否

日本バスケ協会評議員を大幅増員

一部の評議員がボイコット


ものすっごくアバウトですけれどもこんな感じです。
そんな中OSGのbj移籍話です。
監督の中村和雄さんはわたしの心の師匠。
高校の頃、中村さんの"攻撃バスケットボール"をバイブルにして、指導者無き我がチームを率いました。
その中村さんが率いるOSGがbjに来るだなんて、ちょっと夢のようです。
来るもの拒まずで大歓迎です。
bjの試合にも姿を見せていた・・・だなんて話を聞きましたが、こんなことになっていたんですね。
これを契機に日本バスケ協会が正常化してくれればいいんですけれども・・・
新・日本リーグの選手達もOSGに追随する動きを見せてくれたりすると、ってのは贅沢な望みかもしれませんが、何か声をあげてほしいなって思っていたり。
やっぱ、中から変わらないと無理ですよ。
結果、bjと新・日本リーグが統合してもいいと思います。
新・日本リーグにbjが吸収されたってかまいません。
それで正常化されるのであれば。
もうね、バスケファンとしてごたごたはたくさんなわけですよ・・・orz



とにかく、さっさと正常化してくれっ!


深川ギャザリアでのイベント・・・

Category: イベント  
おとといの日曜日、深川ギャザリアで我らが東京アパッチがイベントを行いました。
わたしは例によって例のごとく後ろに仕事が控えていたので、午後1時の回の前半をちらっと見たのみ・・・ですが、お天気にも恵まれなかなか楽しいイベントになっていました。

で、まぁ、今回も手抜きということで、写真もなし。
そして、これまた若干手抜き気味ながらもわたしの心情を完璧に伝えてくれるべつやくメソッドで(笑)
20070410155357.jpg

まぁ、こんなとこです^^;
後はあれっすね、こういうイベントをシーズン前とかシーズン中にもちっと深川ギャザリアでできたらいいっすね。
うちの会社の近所ですし(笑)

次回の更新は、顛末記の第3回を予定しております・・・多分。


サンキュー&バーベキュー

Category: このブログについて  
後ろに仕事があったのであまりゆっくりはできませんでした。
で、ちょい忙しくて疲れているので、べつやくメソッドで感想を・・・
円グラフ

ま、こんなとこです(笑)


episode 1~始動~

Category: このブログについて  
だぁ、だぁ、ばぶばぶぅ・・・
だぁ、ばぶぅ。
だぁ、だぁ、だぁ、ばぶぅ・・・
(訳)
今日は試合だと思ってたんだけど、公開練習なんでちゅね・・・
有明コロシアムを使って公開練習なんて贅沢でしゅ。
でもほんとは試合がみたかったでしゅ・・・
-1歳勝又ファンのょぅι゛ょ-

9月17日、東京アパッチのセカンドシーズンが本格化する公開練習が行われた。
当初はプレシーズンマッチが予定されていたものの、選手の怪我や外国人選手の合流の遅れなどを理由に、公開練習へと変更。
ジョーもその2日前に合流したとのことで、あわただしい公開練習となった。
ここまでに、契約が決まっていたのは、仲西、勝又、牧、青木康平、仲摩、信平、大場、青木勇人の8人の日本人選手のみ。
そのうち、牧は左手の怪我、そして大場は左ひざの怪我でボールを使った練習には不参加。
練習では、アップの後に5対5が行われたが、ジョーや練習生が入ってようやく5対5になるという状況だった。

目立ったのはやはりけが人の多さだった。
5対5には参加していたものの、勝又も足を怪我していたようで本来の調子には遠かった。
昨季、スターティングで活躍した、牧、大場も怪我でシーズン当初の出遅れが確実視されていた。
日本人選手の昨季以上のレベルアップを願うジョーの構想は、シーズンが入る前にすでに崩れていた。
そしてこの、怪我が、今季の東京アパッチをさらに翻弄することになる・・・

しかしその一方で、仲西や青木勇人らのウェイトアップによる肉体強化には目をみはるものがあった。
キャプテンに就任した仲西の表情は明るかった。
けが人が多い中、そのことが、せめてもの救いだった。
また、青木勇人はかつての引退前の体つきに戻すことを宣言。
外国人選手の制限が無いbjリーグならではの、激しいあたりに負けない体つきを作っていた。

練習に参加する選手たちは生き生きとしていた。
それを見守るブースターも。
そして、練習を見学していた東尾社長も。
誰もが今季の東京アパッチの優勝を願っていた。
しかし、10月・・・今季初のプレシーズンマッチで、最初の挫折を味わうことになる。

If one does not know to which port one is sailing, no wind is favorable.
~もしどの港に向かって航海しているかを知らなければ、どんな風も順風ではない~
セネカ(前4~後65):ストア派哲学者(古代ローマ)
title.jpg


プロローグ

Category: その他  
いや、ほんとにびっくりしたよね。
あの東尾が社長でしょ?
200勝投手で、最多デッドボールの記録も持ってる、東尾が社長に?
それ、何の冗談?って最初は思ったものさ。
でもさ、なんかアパッチらしくていいよね。
-男性サラリーマン(42歳)-


bjリーグセカンドシーズン。
東京アパッチのシーズン始動となるニュースは、東尾氏の社長就任だった。
昨シーズン陣頭指揮をとった山田氏は体調不良などを理由に辞任。
そして、野球界から華麗なる転身となったのが、元西武ライオンズ監督、東尾修氏。
会見で東尾氏は、優勝したらハワイ旅行に連れて行ってやる、と爆弾発言。
また、同じ日には、ゴリエ杯などでおなじみのガムQがセカンドシーズンJ-ROMEとして、ゲームを盛り上げることもあわせて発表された。
今年の東京アパッチは違うな・・・と、誰もがそう思った。
しかし、外国人選手との契約はまだ発表されていない。
一抹の不安を抱きつつ、東京アパッチは、セカンドシーズンの航海に出た。
その先に激しい嵐が待っているとも知らずに・・・


初めに、神は天地を創造された。
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
~創世記1章1節-3節~



東京アパッチ2ndシーズン顛末記では、なんとなく今シーズンを振り返ります。
登場する人物など、若干架空の人物もいたりします。
また、事実関係も定かではなくわたしの想像に近い部分もありますのであしからず^^;
title.jpg


今シーズン終了

Category: 戦評  
東京アパッチの今シーズンが、プレイオフ開催を前にして終了しました。
大阪でのアウェイ2連戦。
昨日は98対90と、序盤の不利を跳ね返して逆転勝ち。
今日は負けましたが、連敗を止めてのシーズン終了、ちょっとほっとした感じです。

昨日の試合は、後半テンポよくシュートを決められた東京アパッチが勝ちましたが、今日の試合はガード陣がフロントコートで厳しいチェックにあって、上手くボールがまわりませんでしたね。
牧さんが、先発でしたけれども、左利きの牧さんに試合をコントロールさせないように、できるだけ右手でドリブルをつかせるように大阪のガード陣がディフェンスをしていました。
ああいう展開だと、東京アパッチの得点はなかなか伸びないっすね。
それでも、最終Qに巻き返したのには、意地が感じられました。

ふぅ、とりあえず、今日で今シーズンは終了。
東京アパッチからは、ヘリコさんが最多得点、康平さんが最高フリースロー成功率・・・あと、康平さんは日本人最多得点もそうなのかな?っと、個人タイトルを獲得しました。
純平さん、康平さんの才能が開花した今シーズンでしたが、チームとしては最悪の結果・・・でしたね、順位だけを見ると、ですが。
個人的には、それなりには楽しめたのですけれども、勝てたらもっとよいシーズンだったと思います。

来季、いる選手、いない選手、今オフはちょっと荒れそうな気がしますが、それがプロの世界・・・ですもんね。
どんな結果が待ち受けているのやら、です。

来季の優勝に向けて、GO!APACHE!


プロフィール

なの

Author:なの

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。